2016年01月29日

中央卸売市場移転先から有害物質。除去に数億円

姫路市中央卸売市場姫路市延末

中央卸売市場の移転先から有害物質が・・

姫路市の中央卸売市場予定地から有害物質(MBS)
土地の土壌を調査したところ国の基準の最大30倍のベンゼンが検出されたほか、ヒ素も基準値を上回る量が見つかったということです。
市は移転先を変えない方針ですが、有害物質の除去には最大で数億円かかる見込みで
先月移転先を決めたと思ったら、この発表。しかも移転先を変えない方針も同時に発表?

勘ぐりたくなるようなタイミングですが、食品で最も大事なイメージに傷がついてしまいました。

参考
白浜に中央卸売市場を移転(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(社会)の記事
 パンデミックでグローバリゼーションは加速する (2020-06-28 07:23)
 マスク社会 (2020-06-25 15:04)
 アフターコロナで地方や郊外が注目 (2020-05-25 20:41)
 恐ろしいコロナウイルス。石鹸が強力な対抗手段 (2020-03-29 02:34)
 支援に「シェイシェイ」。中国から75万枚の医療マスク (2020-03-25 23:10)
 「医学的な正解」と「社会的な正解」 (2020-03-17 01:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。