2022年02月01日

人口減少社会が東京にもやってきた。手本は全国に

1985年に人口が減り始めた島根県から遅れること37年、ついに東京都も人口減少が始まりました。

これまで、どことなくよそ事だった東京ですが、いまさらながら時代の潮流を感じずにはいられません。
人口増加から人口減少社会への転換。

でも大丈夫です。全国には先進事例が山ほどあって、やるべきお手本には困りません。
島根県などの先輩に謙虚に学び、さまざまな手を打っていく必要があります。

参考
東京都の人口推計1398万人、26年ぶりのマイナス 1月1日時点 識者「山手線の外側の減少定着」(東京新聞)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/157467
ピンチをチャンスに。「過疎」から「課題解決先進地」へ(372LOG 姫路)
https://hime.tenkomori.tv/e434547.html


同じカテゴリー(社会)の記事
 仕事量は、与えられた時間をすべて満たすまで膨張する (2022-02-04 19:00)
 買ってよし、借りてよしの姫路のマンション (2022-02-03 18:05)
 傘と雨に相関関係があっても、傘をさすから雨が降るとは言えない (2022-02-03 14:38)
 日本最大の市も人口減少が始まった (2022-01-25 23:26)
 15年ぶり引越し (2021-12-05 12:43)
 パンデミックでグローバリゼーションは加速する (2020-06-28 07:23)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。