2017年09月09日

「本に書いてあることを信用しない」 イグノーベル賞 東山教授

立命館大学OIC大阪府茨木市

股のぞきでイグ・ノーベル賞を受賞した、播磨加西市出身の東山教授に市民栄誉賞が贈られます

“股のぞき”イグ・ノーベル賞の東山特任教授に市民栄誉賞 加西(神戸新聞NEXT)
兵庫県加西市は、昨年9月にノーベル賞のパロディー版として知られる「イグ・ノーベル賞」の知覚賞を受けた同市出身で立命館大総合心理学部の東山篤規(あつき)特任教授(66)を顕彰するため、市民栄誉賞を贈る方針を固めた。
東山教授が教える立命館大総合心理学部は、姫路から1時間半の大阪茨木にあります。経営学部政策科学部も大阪。

「石の上にも3年」といいますが、教授は10年と言います。

股をのぞくと世界が変わる!?:立命館大・東山 篤規氏【イグ・ノーベル賞インタビュー Laugh and Think 第7回】(Tech Note)
私は、本に書いてあることをほとんど信用していません。世の中の話は、文字と算術以外はほとんどがうそです。
(中略)
新しいことは、みんな自信がなかったりリスクが高かったりして、途中でやめてしまうことが多く、大抵の人はすぐ次の話題に移ってしまいます。人間だから途中で飽きることはあるでしょう。そのようなときは他の分野に寄り道して、いろいろと参考にしながら、結局戻って同じことを続けるのがベストだと思います。
でも10年はなかなか続けられないから、寄り道をして、また戻ってくればいいと。
なるほどね。

参考
人材の宝庫・播磨から、ノーベル賞の予感(372log@姫路)
関西大より立命館大のほうが近くなるかも(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(科学)の記事画像
日本人初、エリザベス女王工学賞受賞
立派な土俵か、人が気づかない土俵か
人材の宝庫・播磨から、ノーベル賞の予感
研究倫理の崩壊過程? 進む「軍学共同」
鳥取に、最後にできたもの。初めてできたもの
日本海でメタンハイドレート採取成功
同じカテゴリー(科学)の記事
 日本人初、エリザベス女王工学賞受賞 (2017-02-13 22:03)
 立派な土俵か、人が気づかない土俵か (2016-10-12 00:00)
 人材の宝庫・播磨から、ノーベル賞の予感 (2016-10-01 00:00)
 研究倫理の崩壊過程? 進む「軍学共同」 (2015-08-25 23:32)
 鳥取に、最後にできたもの。初めてできたもの (2015-05-26 00:00)
 日本海でメタンハイドレート採取成功 (2014-12-26 22:08)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。