2019年06月17日

「人口」を増やす方法

姫路駅前

居住人口が減っても、関係人口を増やすことはできます。

総務省ポータルサイトによれば、
「関係人口」とは、移住した「定住人口」でもなく、観光に来た「交流人口」でもない、地域や地域の人々と多様に関わる人々のこと
根底に、その地域を応援したいという姿勢があります。

「関係人口」増で地方創生 まち・ひと・しごと創生基本方針2019骨子案判明(産経ニュース)
「関係人口」の創出は、都市部などに住みながら、出身地や転勤、ボランティア活動などを通じて関心を持った特定の地域に対し、継続的に関わりを持つ人を増やす取り組み。
地方で副業を希望する人と外部人材の受け入れを進める地域企業とのマッチングを進めたり、都市部の高校生が一定期間、地方の高校で過ごす機会を設ける。コーディネーターにあたる「関係案内人」「関係案内所」を通じて全国的な支援体制を構築し、都市部への人口集中と固定化を是正したい考えだ。
居住人口は、自治体間で奪い合うもの。姫路市から明石市に引っ越したら、姫路市の人口が減って、明石市の人口は増えます。
しかし、明石市に引っ越しても、姫路市の関係人口は(必ずしも)減らない。
むしろ姫路市が応援しがいがあると思われたり、居住していた時に強い影響を受けて思い出深いという人が多ければ、関係人口はどんどん増えて行きます。

私の次男は大学進学に伴い、今年の4月から島根県出雲市に住んでいます。出雲市の居住人口が1人増えて、姫路市の居住人口が1人減りました。
しかし次男は姫路市で生まれ育ち、姫路が大好きなので姫路市の関係人口です。
また、私(保護者)は大学を応援する保護者会の会員だし、出雲市に水道料金なども払っているしで、出雲市の関係人口です。
結局、減ったのは姫路市の居住人口だけで、他はみんな増えています。

関係人口が減るときは、その市と関わったけれど、応援したくない、関係を断ち切りたいと思われたとき。
そういう意味で、関係人口は、「ふわっと」していて、繊細で微妙で、人間関係そのもの。
お互いが努力すれば、増やすことだって可能です。

参考
関係人口(日本微住計画)
総務省・国土交通省も注目。 小田切教授の『関係人口』スライド(日本微住計画) - 『関係人口』とは、町のファンになった人が、何かしらのカタチで町と関わりをもっている状態のこと。町がファンに対して、町と関わる方法『関わりしろ』を上手く提示することで、関係人口は増えていきます。(中略)もしかすると、「応援したい」というような、気持ちや意識の結びつきを示す言葉でもあるのかもしれません。(ブログ記事より)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 00:00Comments(0)社会

2019年06月16日

土橋章宏さんの講演会

おもてなし講演会 姫路が生んだ「引っ越し大名!」

8月30日に全国公開される映画「引っ越し大名!」の原作者の講演会が来月3日にイーグレひめじで開催されます。

兵庫)映画「引っ越し大名」、原作者が7月に姫路で講演(朝日新聞デジタル)
江戸時代の姫路藩を舞台にした映画「引っ越し大名!」(8月30日全国公開)の原作者、土橋(どばし)章宏さんの講演会が7月3日に兵庫県姫路市内で開かれる。
「引っ越し大名!」には、丘みどりさんも特別出演しているみたいです。

参考
向井理が“黒幕”! 岡山天音&矢野聖人ら追加キャスト発表『引っ越し大名!』(cinemacafe.net)
星野源主演映画「引っ越し大名!」特報動画(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 00:00Comments(0)文化

2019年06月15日

太平洋戦全国空爆犠牲者慰霊協会、代表理事に明石市長

太平洋戦全国戦災都市空爆死没者慰霊塔姫路市西延末

全国組織なのに、代表が姫路の人ばかりでは・・

空爆慰霊協代表に明石市長 姫路市長“世襲”に異議(神戸新聞NEXT)
太平洋戦争で空襲被害を受けた自治体でつくる全国組織「太平洋戦全国空爆犠牲者慰霊協会」(事務局・兵庫県姫路市平和資料館)の代表理事に、同県明石市長の泉房穂氏が就任した。
(中略)
13日の市議会厚生委員会では、市議の一人が「姫路市長こそが代表理事にふさわしい」と強調。「市民の思いに沿わない決定で、承服しがたい」と批判した。
私は以前、慰霊塔は姫路のものだと勘違いしていました。
しかし、全国を代表して姫路に設置してある。
代表理事まで必ず姫路市長となったら、ますます勘違いしそう。

全国組織なのだから、誰が代表についてもおかしくありません。創業家しか社長にならない企業もあるけど、全国の自治体が集まって組織してるんだから、声かけて始めた自治体がずっと代表に就くなんて道理はありません。

また、慰霊塔が姫路にあるからと言っても、
政府機関が東京にあるから東京の人ばかり首相になったのでは、「東京で勝手にやっとけ」って思ってしまいます。

いろいろな意見があるのでしょうが、視野狭窄の市議が1人いたのかな?
市民を巻き込まないでね。

参考
代表理事に泉・明石市長(読売新聞オンライン) - 市議の一人は「慰霊塔は、空襲に遭った市民の願いもくんで姫路市に建てられた。墓守を続けてきた姫路の首長が代表を務めるべきだ」との意見を述べた。これに対し、市側は「(交代は)全国組織として活性化するため。今後も協会運営に積極的に関わる」とした。(記事より)
なぜ全国規模の慰霊塔が姫路にあるのか(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 00:57Comments(0)政治

2019年06月13日

島根の公立高校には寮がある

しまね留学とは?より

移住だけでない地方への流れ。「関係人口」を増やそうとしています。

人口減社会へ副業・IT 政府が地方創生方針案 (日本経済新聞)
安倍晋三首相は「政策を通じて地方への人・資金の流れを重層的な形でもっと太いものにしたい」と述べた。
兼業・副業で地方と関わりたい人と地方の中小企業を結びつける仕組みをつくる。ITを活用して場所を選ばず仕事ができる職種の人材などを想定している。高校生が一定期間、地方の高校で過ごす制度も設け、地域の課題への関心を高める。
「関係人口」って、いい言葉です。
移住が結婚だとすれば、付き合うのは「関係」?
元カレも元嫁も、「関係」者?

移住も何も、お付き合いして「関係」を始めないと始まりません。

「過疎地」という言葉が生まれた(ほど早くから過疎が進んだ)島根県は、この点でも最先端。
「しまね留学」制度で、国内の高校生が島根で学んでいますが、公立高校の63%に寮が完備されています。(全国でもダントツ)
ちなみに兵庫県は5%。

参考
最先端・島根(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 01:10Comments(0)学校

2019年06月11日

兵庫県知事127万、姫路市長118万円

兵庫県庁

トップは横浜市長159万円でした。

「知事・市長の給料が高い自治体」全国トップ500(東洋経済オンライン)
19位 兵庫県 127.30
45位 姫路市 118.00
これ月収です(各種手当は別)。

こんなに恵まれてるのに、こないだの姫路市長選なんて2人しか立候補しなかったんです。
再来年は兵庫県知事選。皆さんぜひ立候補しましょう。

でも、10%得票できなかったら、津川さんや中川さんのように供託金が没収されるので注意が必要です。

参考
姫路市長になろう2019(372log@姫路)
姫路市長になろう2015(372log@姫路)
姫路市長になろう(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります
  

Posted by miki at 00:45Comments(2)政治

2019年06月10日

楽天モバイルは「あり得ないぐらい効率がいい」

楽天モバイル

世界が注目する、楽天モバイル。この人も注目しています。

「三木谷は本気だ」 元米MS社副社長の西氏、楽天のモバイル事業語る(ひょうご経済+)
日本は近年、「第4次ベンチャーブーム」と言われるほど起業が盛んだが、数あるベンチャーの中で注目すべき起業家はだれか。
(中略)
三木谷はすごい。楽天が国内4番目の電話の会社「楽天モバイル」を始めたが、本気だ。成功するんじゃないか、そういう感じがする。
(中略)
楽天の強みは、アンテナと送受信機の物理的距離(の近さ)だ。他社は送受信機とアンテナを長いケーブルでつないでいるが、楽天はアンテナの裏に送受信機がある。10センチぐらい。あり得ないぐらい効率がいい。また、低遅延などの点で、抜群に優れている。
最近の若い人は、西和彦さんを知らないかもしれませんが、パソコンオタクの走りです。
パソコン雑誌は、「アスキー」しかありませんでしたから。

その西さんが学園長になった須磨学園は、県内でも有名な進学校になっちゃいましたけど、この人が起業家として絶賛しているのが三木谷さん。
兵庫県内出身者で話が完結しているところがすごい。
三木谷さんも、明石から岡山白陵に行くとき乗換駅の姫路駅でえきそば食べてたみたいな話を聞いたことがあります。

参考
格安スマホユーザー22.5%に上昇。市場は動いている(372log@姫路) - 楽天モバイルは10月から第4のキャリア(自社網を持つ携帯会社)に参入しますが、技術的にも世界的に注目されています。(ブログより)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 20:03Comments(0)IT

2019年06月08日

藤井聡太、羽生善治候補。第44代小学生名人

JR英賀保駅

姫路の棋士育成環境は、恵まれてる。

令和初の小学生将棋名人に 姫路の小5炭崎君(神戸新聞NEXT)
第44回さなる杯小学生将棋名人戦決勝大会で初優勝を果たした兵庫県姫路市立英賀保小学校5年の炭崎俊毅君
(中略)
5歳ごろ将棋を始め、小学2年の秋から加古川にある井上慶太九段の教室に通って腕を磨く。
英賀保-加古川間は最短16分。井上九段が教える加古川将棋倶楽部へは加古川駅から徒歩3分。

参考
姫路から藤井聡太を育てたい(372log@姫路)
「棋士のまち加古川」の隣まち姫路(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 08:52Comments(0)子ども

2019年06月06日

努力のベースを覚えたのが大学受験

蒼井優さん、山里亮太さんが結婚会見(YouTube)

昨日の朝、あるニュースで目が覚めました。
山里亮太蒼井優と結婚?

蒼井優、両親への結婚報告で涙 結婚指輪は辞退「年内になくす自信があった」(ORICON NEWS)
仕事に対する姿勢を本当に尊敬しています。なぜ生涯をともにしようかと思ったのは、私も基本的にはなまけ者なんですけど、仕事に入ったらとことんやってしまう。山里さんを見ていると、それで間違ってないんだなと思うので、勇気がわきます。
山里さんは仕事熱心の努力家。番組後の反省会が長いんだとか。
そんなところに蒼井さんも惹かれたみたいです。

死ぬほど勉強、兄の陰の支え知ったから 山里亮太さん(朝日新聞デジタル)
お笑い芸人としての生活、楽しい毎日があるのは、浪人時代の体験があったからです。めちゃくちゃ勉強したのは人生であそこだけ。努力する癖がつけられました。努力が不安を取り除いてくれることにも気づけましたね。
お笑い芸人になってからも、賞レースであったりライブであったり、その都度、努力をしてきましたけど、努力のベースを覚えたのが大学受験でした。
高校時代には勉強しなかったけど、浪人1年間は勉強に没頭して関西大学に進学。
その経験が現在のベースになっていると言います。

なんか興味深いカップルです。

参考
山里亮太・蒼井優、交際2カ月スピード婚の必然(東洋経済オンライン) - 『山里さんのどこが結婚の決め手になったか?』と言われたときに、いちばん大事なことを言うのを忘れてまして……。私は山里さんの仕事に対する姿勢を尊敬しています。(記事より)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 07:13Comments(1)芸能

2019年06月04日

医学部、医大のある地域、ない地域

和歌山県立医科大学和歌山市

救急搬送先の確保は大事ですね。

姫路市長・清元氏就任1カ月 働き方改革に意欲(神戸新聞NEXT)
「短期的な課題でいうと、救急搬送先の確保だ。受け入れ先の病院を探す時間を少しでも短くする。そのためには医師不足の解消が必要だ。将来的には、地元に医科大学を開設したい」
石見前市長も、講演では医科大誘致のようなことをお話になることがありましたが、実現しませんでした。

新設医学部 未来変えるか(日本経済新聞)
2016年、17年に2つの大学が相次いで新たに医学部を開設した。国は長年、医学部の新設を認めてこなかったが、11年の東日本大震災からの復興をめざし東北医科薬科大の新設を認めた。国際医療福祉大は国際的に活躍できる人材を育成する使命を負う。
国は、医学部新設ではなく、定員増で対応してきましたが、その結果、現在は偏在が課題になっています。上記2つの新設は、ごく最近です。

かつては大学の医局が研修医を指定病院に派遣することで地方にも医師がいたのですが、2004年の新研修医制度の導入により、地方の病院に赴任する医師が激減してしまいました。(参考

医局の影響力が減ったとはいえ、医学部や医大のある地域と、(姫路のように)ない地域の差は生じます。
医大や医学部がなければ、その地域で医師を目指す人の割合も少ない。また、医大や医学部で学ぶためにその地域にやってきて、何割かは居着く可能性がありますが、医大や医学部がなければ、そういうこともありません。

同じ近畿の端の方でも、姫路市と和歌山市では、人口10万人あたりの医師数が全く異なります。(217人と446人。出所
和歌山市には、和歌山県立医科大学があるからです。

参考
全国 医師数・病床数マップ(東洋経済)
命が危うくなってから、貧弱な医療体制に驚いても始まらない(372log@姫路)
医者も「ふなっしー」もいない姫路(372log@姫路)
なぜ?医師数は過去最多32万人でも“医師不足” 「地域医療が成り立たぬ」現場の声(FNN PRIME)(2019.6 追記)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 23:57Comments(0)医療

2019年06月02日

地球規模で見れば、姫路はもう神戸。和歌山に嫉妬するサファリ



日本一心の器が狭いサファリパークが姫路にありました。(とさ)

ここは、日本一心の距離が遠いサファリパーク(姫路セントラルパーク)
私たちは、大人気の和歌山に激しく嫉妬しています
そう、私たちは日本一心の器が狭いサファリパーク
(中略)
地球規模で見れば、姫路はもう神戸
地球規模の広い心を持ちたいものです(笑)

参考
姫路セントラルパーク「自虐サイト」が超めんどい アンケートに回答→逆ギレされる謎仕様(ニコニコニュース)
「日本一心の距離が遠い…」姫路セントラルパークの“自虐PR”が話題なので聞いてみた(FNN PRIME)(2019.6.6 追記)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります
  

Posted by miki at 00:00Comments(5)観光

2019年06月01日

高校生に知って欲しい。医師不足を緩和する方法

鳥取大学医学部鳥取県米子市

医師の地域偏在に悩む兵庫県ですが、県内唯一の国公立医学部が、推薦入試の配点で地域重視の加点をやめるそうです。

不適切入試 神戸大医学部、今後は特定地域重視の配点行わず(神戸新聞NEXT)
神戸大は31日、医学部の推薦入試地域特別枠で過疎地域出身の受験生に不適切な加点をしていた問題で、2020年度入試(19年度実施)以降は特定の地域を重視した配点を行わず、書類審査や面接、口述試験で地域医療への意欲と適性を重視して選抜する方法に改める、と発表した。
神戸大学は兵庫県のことを考えて、神戸や阪神間に医師が偏在する状況を緩和するために西播磨出身者などを優遇していたのに、やめてしまうと。
募集要項に明記して継続・拡大すら期待していたのに残念です。

医学部のない地域は、2重の意味で医師不足になりやすい。
1 近所に医学部がある高校生は医学部を受験する
 比率が高い
2 医学部のある地域に他所からやってきて、その地域に
 居着いてしまう学生が何割か存在する
だから医学部のない地域で医師を増やそうと思ったら、
方法1 その地域から医学部を受験した高校生を
   優先して合格させる
方法2 その地域の高校生の医学部受験比率を高める
が、考えられます。
今回、(医師不足に困らない地域の)マスメディアの餌食になったためか、方法1が閉ざされたので、方法2をいっそう強化する必要があります。

医師不足の都道府県はどこだ〜人口10万人あたりの医師数(田舎女医の小言)
わりと全国どこにでも、医学部修学資金というのがあります。その都道府県で、医師として規定年数働いてくれることを条件に、学費や生活費補助するよ、という仕組み。
(中略)
奨学金(…借金)とは、ちょっと違います。その分、卒後「その地域でご奉公」すれば、返済不要なものです。(それを裏切って出て行くと、金利がすごい借金に化けます)
兵庫県では従来より兵庫県立病院医師修学資金(中播磨及び西播磨枠)という給付制度(1~4年生:月額125,000円、5~6年生:月額175,000円)があります。条件は、卒業後直ちに下記5つの病院のどこかに勤務すること。
姫路循環器病センター製鉄記念広畑病院姫路医療センター姫路赤十字病院赤穂市民病院
兵庫県の西部地域に対する危機感は、半端ないということがよくわかる制度です。

ちなみに、この制度は全国どこの大学の医学部に進学しても構わないので、(地元医師養成の観点から言うと)無駄に難易度の高い神戸大学に入る必要は(必ずしも)ありません。
距離的に近所の香川大徳島大、地続きがよければ鳥取大や島根大あたりが姫路から便利で比較的入り易い。
参考。国立医学部なら問わないという受験層のため毎年変動が激しく、細かい数字は意味なし)

国立大学は学部問わず授業料同額で、地方国立大学だと生活費も都会に比べると安い(可能性)。
総合大学の医学部だと、二次試験は他学部との共通問題も多く、いわゆる難関大学のような難問は少ない。
さらに、二次試験に英語が無いとか、理科がないという学校まであります。

地元の医師を増やすためにできることは、何よりも医学部を受ける人、医師を目指す人を増やすこと。
そのためには、その地域で医師を目指すことも選択肢に入れる高校生を増やすことです。
医師(や県会議員)の親じゃなければ医師になれないというような、誤解や偏見を解消する教育も必要です。

高校生に一言。
少子高齢化が今以上に深刻化します。将来の課題に真正面から立ち向かう職業の一つが医師です。割に合うとか合わないとか以上に、将来の社会の課題に真正面から取り組み、生涯勉強を続けることができる人に、ぜひ医師を目指してほしいと思います。期待しています。

参考
医師の偏在/育てる仕組みで引き寄せる(神戸新聞NEXT)
医師不足で業務縮小。姫路医療センター(372log@姫路)
全国有数の医療過疎地・西播磨に25点、中播磨に10点加点(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 07:52Comments(0)医療