2005年06月02日

Made in 姫路がシェア4割・軸受け鋼



姫路市の山陽特殊製鋼は、軸受け鋼で国内4割のシェアを持っていますが、先日、設備増強のニュースがありました。

山陽特殊製鋼、設備増強へ50億円投入−年産90万トン体制に(Yahoo!ニュース)

山陽特殊製鋼は05年度から2年間で約50億円を投じて設備の増強に乗り出す。
自動車向けなど堅調な特殊鋼需要に対応するのが狙い。


自動車関連で言えば、ブレーキホースのニチリン(二輪車ではシェア100%)、ランプのウシオ電機(旧姫路電球)、フェニックス電機、各種部品の三菱電機姫路製作所、ハイブリッド専用ライン設置を決めた東芝姫路半導体工場(太子町)など、姫路には多くの関わりがあります。

参考 市場シェアの話題
Made in 姫路が全国シェア75% レジ釣り銭機
人手不足!プロジェクターランプ技術者 プロジェクターランプの世界シェア2位と3位は姫路製
Made in 姫路 が世界シェア65% パワステ用モーターの世界シェア65%
太子町の世界トップシェア ディスクリート半導体は世界トップシェア
シュガーレスキャンデーで急成長・三星食品 袋入りのど飴で国内トップ
姫路でしか作ってないもの ツルハシの話題

← クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(企業)の記事画像
播磨製・モンダミンのあとのチューは・・
戦後すぐ、播磨にあった電気自動車メーカー
兵庫にも打撃。神鋼不正問題
播磨に関西電力の太陽光発電所
投資数百億円。姫路のパナソニック工場でリチウムイオン電池生産
ラオックスがヤマトヤシキと協業。業態転換への足掛かり?
同じカテゴリー(企業)の記事
 播磨製・モンダミンのあとのチューは・・ (2017-11-18 23:16)
 戦後すぐ、播磨にあった電気自動車メーカー (2017-10-30 22:31)
 西松屋の独自商品が安い理由、店舗を増やし続ける理由 (2017-10-29 11:47)
 兵庫にも打撃。神鋼不正問題 (2017-10-23 00:00)
 播磨に関西電力の太陽光発電所 (2017-10-07 09:19)
 投資数百億円。姫路のパナソニック工場でリチウムイオン電池生産 (2017-09-29 07:37)

この記事へのコメント
 ここか?黄泉の女神の封印をといたのは?
Posted by 神秘出云 at 2008年07月24日 19:43
神秘出云さん

コメントありがとうございます。
Posted by miki at 2008年07月24日 22:45
 女神とは安来製鋼所のことでは?
Posted by アナスタシヤ at 2008年08月11日 14:33
アナスタシヤさん

コメントありがとうございます。
Posted by miki at 2008年08月11日 22:12
【特殊鋼・鋳鍛鋼再編Ⅰ(大同篇)】

■大同特殊鋼(株) http://www.daido.co.jp/
●「八幡特殊鋼」構想 昭和41年1月(1966.1)
特殊鋼グループ4社,特殊製鋼・日本特殊鋼・愛知製鋼(トヨタ系)・三菱製鋼(>>49-50)合併合意→出来てたら面白かったかも。
「君津特殊鋼センター」構想
→新日鐵成立(S43年には稲山・永野両氏基本合意)で破談へ(富士系の「東海特殊鋼」がS43年には転炉完成で操業に入り八幡特殊鋼に歩がないことが判明)

●二社合併構想
特殊製鋼と日本特殊鋼は昭和45年2月に合併を仮調印して以来既定路線に。しかし両者業績は不調で合理化が先決というのが定説であった。

●3社合併へ
昭和50年12月に3社合併のニュースが流れる。各社否定するものの昭和51年2月18日"急転直下"合併が決まり発表。実際は49年末から新日鐵を交えて話し合いがもたれ,50年暮れには計画が完了した。大同の最大需要先にして大株主の日産などへの根回しを経て発表へ。

●大同特殊鋼 昭和51年9月スタート
特殊製鋼・日本特殊鋼・大同製鋼の3社合併で成立。事実上赤字の前2社の大同による救済
合併であったようだ。新日鉄が高級鋼の技術を死守するために働きかけたとも。

旧特殊鋼二社の工場を閉鎖して技術者などを渋川へ移転,3社のノウハウが結集される合併の要となる。

専業ではトップメーカー(鋼材生産130万トン体制確立)だが,熱間圧延鋼材のシェアは10%(昭和53年度)。新日鐵・住友・神戸鋼に次ぎ4位。

高級鋼分野では旧特殊鋼2社が日立金属と価格競争。合併に際しては一部で取扱品目シェアが高くなりすぎるので東北特殊鋼や日鍛バルブへの関与を減らさざるを得ず。

●現況
1999秋の時点での株主:新日鐵10.2%, 興銀4.2%, 明治生命4.2%, 日産自動車3.8%, 東海銀行3.4%
2004春の時点での株主:日T信信託口6.5%, 新日鐵5%, 資管信信託口(新日鉄)5.0%, 日M信信託口4.5%, 明治安田生命4.2%, みずほC3.5%, UFJ3.4%
※日産自動車は会社再建の過程で保有株式売却。
Posted by 特殊鋼歴史研究家 at 2008年08月12日 23:54
大同に吸収された特殊製鋼・日本特殊鋼は日立金属と価格競争で敗北したんですね。
Posted by キリン at 2008年08月21日 23:05
キリンさん

コメントありがとうございます。
Posted by miki at 2008年08月21日 23:26
 いざなみ景気、もうすこし踏ん張って欲しいな。
Posted by ケロロ at 2008年09月13日 19:27
ケロロさん

コメントありがとうございます。
Posted by miki at 2008年09月14日 22:38
 現在の機械工学における構造材料の耐久性に対する主な問題点は強度ではなく、摩擦にある。島根大学の客員教授である久保田邦親博士らが境界潤滑(機械工学における摩擦の中心的モード)の原理をついに解明。名称は炭素結晶の競合モデル/CCSCモデル「通称、ナノダイヤモンド理論」は開発合金Xの高面圧摺動特性を説明できるだけでなく、その他の境界潤滑現象にかかわる広い説明が可能な本質的理論で、更なる機械の高性能化に展望が開かれたとする識者もある。幅広い分野に応用でき今後48Vハイブリッドエンジンのコンパクト化(ピストンピンなど)の開発指針となってゆくことも期待されている。
Posted by 地球環境直球勝負(GIC結晶) at 2017年09月06日 13:59
 久保田博士はダイセルの首席技師として赴任してきたようです。ということは樹脂と金属の組み合わせのトライボシステムを開発するつもりかなと思ったりもします。
Posted by 日本刀ファン at 2017年11月12日 22:40
 私はこの時期に特機部門の開発責任者として赴任したのであれば、当然北朝鮮の核兵器の無力化にも絡んでいるとおもうが。
Posted by 広畑の鉄鋼屋 at 2017年11月30日 00:11
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。