2018年10月21日

世界最大級の研究所が播磨にあった



世界最大級の研究所が播磨にあります。

ゴキブリ研究所で20年間飼育担当 女性課長が「害虫図鑑」(神戸新聞)
ゴキブリ100万匹、ダニ1億匹、ハエと蚊で計10万匹、アリ5千匹などがいる世界最大級の「ゴキブリ研究所」で20年間、飼育を担当した経験から、身近な害虫の素顔を分かりやすく紹介している。
(中略)
かつて虫が大の苦手だったことや、ドラマ制作会社の依頼で飼育したうじ虫がテレビに登場したことなどユニークなエピソードを盛り込んだ。
アース製薬坂越工場(播磨・赤穂市)にある研究所。害虫駆除を研究するために飼育しています。

虫が苦手だったのにこんな本を出版するまでになるとは・・。人生わかりません。

参考
ゴキブリ60万匹の恐怖、世界最大級の研究所を見た(NIKKEI STYLE)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(科学)の記事画像
「知の播磨」で、ノーベル賞目指す寺西信一氏
「本に書いてあることを信用しない」 イグノーベル賞 東山教授
日本人初、エリザベス女王工学賞受賞
立派な土俵か、人が気づかない土俵か
人材の宝庫・播磨から、ノーベル賞の予感
研究倫理の崩壊過程? 進む「軍学共同」
同じカテゴリー(科学)の記事
 「知の播磨」で、ノーベル賞目指す寺西信一氏 (2017-12-11 23:02)
 「本に書いてあることを信用しない」 イグノーベル賞 東山教授 (2017-09-09 14:54)
 日本人初、エリザベス女王工学賞受賞 (2017-02-13 22:03)
 立派な土俵か、人が気づかない土俵か (2016-10-12 00:00)
 人材の宝庫・播磨から、ノーベル賞の予感 (2016-10-01 00:00)
 研究倫理の崩壊過程? 進む「軍学共同」 (2015-08-25 23:32)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。