2006年07月01日

全国一の大会へ・第2回姫路ロボ・チャレンジ

 昨年12月の姫路ロボ・チャレンジ

姫路ロボ・チャレンジ2006が来週の土日(7月8、9日)に、姫路科学館姫路市青山)で開催されます。昨年12月に第1回大会が開催されましたが、今回は規模を拡大し、いずれは全国一の規模を目指すそうです。

ロボット32体激突(YOMIURI ONLINE)

昨年12月に初めて行われた大会では招待した16体が出場しただけだったが、今年は全国の愛好家らから32体のエントリーが寄せられた。手作りのロボットで飛び入り参加できる部門もあり、同館は「大会を定着させ、全国一の規模にまで拡大させたい」としている。


専門メディアでも紹介されています。

ロボット競技会「姫路 ロボ・チャレンジ2006」が7月8日より開催(Robot
Watch)

全国一の大会になるのも、まんざら夢でもないかも。

大阪市ロボカップ国際本部が移転された(参考)のは「大阪市の産学官協調の姿勢が高く評価された」(大阪市長)からだそうですが、姫路も、産(姫路ソフトワークス)、官(姫路科学館)、学(飾磨工業高校)が一体となって、教材用の二足歩行ロボットを開発(参考)したりしています。

P.S.
姫路科学館では7月17日まで、特別展「目指せ!クワガタ名人!!」も開催中です。

クワガタ 触って楽しんで…兵庫・姫路科学館で特別展(YOMIURI
ONLINE)

JR・山陽姫路駅から神姫バス太市」行きに乗って「星の子館前」下車すぐ。姫路駅前発8:10、10:10、12:40、15:20、17:10。所要時間20分、270円。
ちなみに終点「太市(おおいち)」(姫路市)は、全国的に有名な、筍(たけのこ)の名産地。すぐ近くです

参考
姫路をロボット文化の拠点に(372log@姫路)
姫路ロボコンジュニア2006開催(372log@姫路)
姫路 ロボ・チャレンジ開催(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(科学)の記事画像
ビルの屋上で風力発電
「知の播磨」で、ノーベル賞目指す寺西信一氏
「本に書いてあることを信用しない」 イグノーベル賞 東山教授
日本人初、エリザベス女王工学賞受賞
立派な土俵か、人が気づかない土俵か
人材の宝庫・播磨から、ノーベル賞の予感
同じカテゴリー(科学)の記事
 ビルの屋上で風力発電 (2019-02-15 20:47)
 世界最大級の研究所が播磨にあった (2018-10-21 00:00)
 「知の播磨」で、ノーベル賞目指す寺西信一氏 (2017-12-11 23:02)
 「本に書いてあることを信用しない」 イグノーベル賞 東山教授 (2017-09-09 14:54)
 日本人初、エリザベス女王工学賞受賞 (2017-02-13 22:03)
 立派な土俵か、人が気づかない土俵か (2016-10-12 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。