2018年12月19日

KENZOデザインの緞帳

文化コンベンションセンター(姫路市)

姫路駅北東部に新設される姫路市文化コンベンションセンターの緞帳(どんちょう)が、KENZOデザインに。

世界のKENZOが故郷に錦 高田賢三さん、姫路市の新施設「緞帳」デザイン(神戸新聞NEXT)
兵庫県姫路市出身の世界的デザイナー高田賢三さん(79)=フランス在住=が、姫路市が新設する市文化コンベンションセンターの大、中ホールを飾る緞帳の図柄を描き、同市役所で19日、デザイン画を披露した。
緞帳って、これからもずーっと見るものなので。

参考
ケンゾーの故郷・パリ。賢三の故郷・姫路(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(文化)の記事画像
赤穂、姫路で国際音楽祭
世界遺産検定受験者が、案内したい世界遺産
廃城令でも、姫路城が取り壊されなかった理由
姫路市文化コンベンションセンター(仮称)
姫路があるから映画ができる
剣道の審判は「一本」とった後の態度を見ている
同じカテゴリー(文化)の記事
 赤穂、姫路で国際音楽祭 (2018-10-07 00:00)
 世界遺産検定受験者が、案内したい世界遺産 (2018-09-29 00:00)
 廃城令でも、姫路城が取り壊されなかった理由 (2018-07-13 00:00)
 映画「焼き肉ドラゴン」 (2018-06-11 22:52)
 姫路市文化コンベンションセンター(仮称) (2018-04-14 12:20)
 姫路があるから映画ができる (2018-03-21 09:27)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。