2018年06月18日

兵庫県立大が、国際商経学部・社会情報科学部を新設

兵庫県立大神戸商科キャンパス播磨神戸市西区

今朝、通勤途上JR姫新線の踏切で通過を待っていたら、地震があり、目の前で列車が緊急停車する事態に。
姫路では、とくにJR各線が運転を見合わせたため、通勤通学に影響が出ました。
大阪などで被害に遭われたかたには、心よりお見舞い申し上げます。

さて、来年4月兵庫県立大に新しい学部が開設されます。

兵庫県立大 2つの学部を新設(神戸新聞NEXT)
国際商経学部には外国人留学生と一緒に全科目を英語で学ぶコースを設け、グローバルな人材を育成。
国際商経学部のグローバルビジネスコースは、1年から全科目英語で授業を受けます。

全授業英語だと海外からの留学生も受講しやすいので、日本人にとっても、日本にいながらにして国際交流が図れるメリットがあります。

参考
神戸商科大(現 兵庫県立大)、再び再編(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(学校)の記事
 オッサンが知らない[人気大学]2020 (2020-01-18 11:42)
 地域にとって、じつは大事な高校の存在 (2020-01-09 21:27)
 地方の高校生 (2019-12-11 21:43)
 姫路と高砂にまたがる、大的中学 (2019-09-21 04:09)
 100年の伝統校「姫路女学院」誕生へ (2019-08-29 22:03)
 地方の公立高校に全国から生徒が留学する理由 (2019-08-27 02:36)

この記事へのコメント
 そういえばCCSCモデルを唱える久保田邦親博士がたつの市に在住だそうで、教育者人材も豊富でいいですね。
Posted by ボールオンディスク技術者 at 2020年02月18日 23:11
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。