2018年05月30日

公立高校統廃合と通学問題

兵庫県の高校生徒数(出所

公立高校の適正規模は?

母校がなくなる? 高校統廃合の可能性(372log@姫路)
神奈川県が目指すのは1学年8学級程度のようで、そのためには統廃合を進める必要があるとの判断。
神奈川以外でも県立高校の削減計画が進んでいます。
埼玉は1割程度削減。

県立高10~13校減へ…29年4月までに 県教委、少子化で統合進める 男女別学の伝統校の共学化検討か(埼玉新聞)
2029年4月までに県立高校(全日制)を現在の134校から10~13校減らし、統合する再編整備を進めることを明らかにした。
静岡でも。

静岡県立高再編計画案 10年間で7校を統合へ(産経ニュース)
平成40年度を目標年度に設定しており、現在分校を含めて88校ある全日制の県立高校が同年度には83校に減少する。
兵庫県は、統廃合しない方針。

70学級減も、学校統廃合はなし? 兵庫県の公立高校で遠隔授業(372log@姫路)
統廃合ではなく学級減で対応し、小規模校は遠隔授業で補完する方針のようです。
確かに、場所によっては統廃合すると通学できる範囲に高校が無くなり、教育の機会を奪われます。

ただ、スクールバスや白タクの活用もあるかなと。

米デザインスタジオが考案した「自律走行スクールバス」が描き出す、新しい通学の姿(WIRED)

兵庫)過疎地の足となる「白タク」事業スタート 養父(朝日新聞デジタル)

地方の公共交通問題と公立高校の通学問題は、一体的に考える必要があるように思います。

参考
高校学区再編で姫新線利用増(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(学校)の記事画像
兵庫県立大が、国際商経学部・社会情報科学部を新設
京都大学の欠点
小規模校活躍の陰に見える、旧制高校の校風
自転車通学の高1生、5~6月は要注意
朝日新聞が、姫路西高定員割れ検証記事
「かんせいがくいん」。正式には「くわんせいがくいん」?
同じカテゴリー(学校)の記事
 兵庫県立大が、国際商経学部・社会情報科学部を新設 (2018-06-18 20:38)
 京都大学の欠点 (2018-06-10 11:29)
 小規模校活躍の陰に見える、旧制高校の校風 (2018-05-31 00:00)
 自転車通学の高1生、5~6月は要注意 (2018-05-23 00:00)
 朝日新聞が、姫路西高定員割れ検証記事 (2018-05-20 09:15)
 「かんせいがくいん」。正式には「くわんせいがくいん」? (2018-05-19 19:49)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。