2017年01月23日

母校がなくなる? 高校統廃合の可能性


来年度から1学年6学級になる、姫路市立姫路高校姫路市辻井

神奈川県で、公立高校の統廃合が進められています。

県立高20~30校削減 県教委方針、12年間で再編統合(カナロコ)
学校規模は小さくなるにつれ、部活動の部員や顧問が不足したり、教員の業務分担が増えたりするため、現行で「1学年6~8学級」としている標準規模以上の学校経営を再編・統合で目指す。有識者による県立高校改革推進検討協議会が14年6月の報告で「1学年8~10学級を標準とすることが望ましい」とした提言も尊重していく。
神奈川県が目指すのは1学年8学級程度のようで、そのためには統廃合を進める必要があるとの判断。

たしかに、生徒数が少ないと、まともに部活もできませんし、教科選択にも弊害が出てしまいます。
極端な話、理系と文系に分けることすらやりにくくなるかも。

昨年のブログにも書いたように、姫路の公立高校も毎年のように定員削減。
市立姫路高校・姫路飾西は来年度から6学級に、香寺は5学級、姫路別所は4学級にまで減らされます。
現在、多い学校でも7学級までしかありません。

神奈川県の基準で言えば、すでに定員削減だけでは対応できないレベル。
姫路でも、統廃合がいよいよ始まるのではないか。
そんな予感がしています。

統合するとしたら、やはり近接の学校。
姫路東姫路西姫路南網干などを想像するのですが・・

首都圏の神奈川ですら断行しているのですから、姫路も手遅れにならないうちに手を打つべきでしょう。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(学校)の記事画像
なぜ教員は「先生」なのか
姫路南高が2.23倍に。特色選抜志願倍率
人生の8割くらいは「学びの期間」
公立高校の定員減で、専門科目の先生がいなくなる
姫路に医療系高等教育・研究機構
探求は「楽しんどい」。変わる公立高校
同じカテゴリー(学校)の記事
 なぜ教員は「先生」なのか (2019-02-18 00:00)
 姫路南高が2.23倍に。特色選抜志願倍率 (2019-02-06 21:26)
 人生の8割くらいは「学びの期間」 (2019-02-04 19:54)
 公立高校の定員減で、専門科目の先生がいなくなる (2019-01-24 21:19)
 次世代スマホ?の「ロボホン」。姫路市の全小学校に今月導入 (2019-01-11 22:17)
 姫路に医療系高等教育・研究機構 (2019-01-09 23:15)

この記事へのコメント
今の高校生世代年間120万人 昨年生まれた子98万人 15年後には2割の高校が廃校ですね
Posted by 高齢化 at 2017年01月23日 04:05
東西対抗がなくなるやん
Posted by 堺町 at 2017年01月23日 12:30
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。