2013年06月14日

経産省が日本海メタンハイドレート調査を本格開始

資源エネルギー庁資料より

ついに日本海メタンハイドレートの本格調査が、政府の手によって開始されました。

表層型メタンハイドレートの資源量把握に向けた調査を実施します
~国により初の本格的な広域調査等の実施~
(経済産業省 資源エネルギー庁)
調査場所:上越沖、能登半島西方
調査時期:平成25年6月8日~7月20日(予定)
地図を見ると、調査場所のひとつ「能登半島西方」というのに、兵庫県沖も含まれるような、含まれないような・・・
いずれにしろ、兵庫県の近くでも行われるということです。

メタンハイドレート調査開始 日本海での資源量を把握へ(Sankei Biz)
上越沖と能登半島西方沖で7月20日まで調査する予定。経産省は今後3年間、日本海で集中的な調査を実施し、埋蔵量の把握に取り組む方針だ。
(中略)
夏以降は、今回の調査を踏まえ、有望海域で自動探査機を使った詳細な地質調査を行い、2014年度にも試掘に乗り出す。
兵庫県近くの能登半島西方沖で有望箇所が見つかれば、来年度にも試掘が始まるというのは、わくわくしてきます。

参考
香住沖にメタンハイドレート。「存在可能性高まった」(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(科学)の記事画像
「知の播磨」で、ノーベル賞目指す寺西信一氏
「本に書いてあることを信用しない」 イグノーベル賞 東山教授
日本人初、エリザベス女王工学賞受賞
立派な土俵か、人が気づかない土俵か
人材の宝庫・播磨から、ノーベル賞の予感
研究倫理の崩壊過程? 進む「軍学共同」
同じカテゴリー(科学)の記事
 「知の播磨」で、ノーベル賞目指す寺西信一氏 (2017-12-11 23:02)
 「本に書いてあることを信用しない」 イグノーベル賞 東山教授 (2017-09-09 14:54)
 日本人初、エリザベス女王工学賞受賞 (2017-02-13 22:03)
 立派な土俵か、人が気づかない土俵か (2016-10-12 00:00)
 人材の宝庫・播磨から、ノーベル賞の予感 (2016-10-01 00:00)
 研究倫理の崩壊過程? 進む「軍学共同」 (2015-08-25 23:32)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。