2007年10月04日

キャンパスは大手前通り

姫路駅前・IMAGE21ビル

姫路の駅前に今月、大学ができました。

姫路独協大:JR姫路駅前に「サテライト」開設 6日から公開講座 /兵庫(毎日jp)
少子化の中、企業などに勤める人や家庭の主婦らを対象にした学びの場を作ろうと検討。利便性の高い駅周辺に開設することにした。
サテライトは、大手前通りに面する商業ビルの7階。約160平方メートルの中に、講義室や事務室、受付を設けた。今年度中は大学院の授業の一部などを行い、市民講座は来年度から本格的に開く。古文書学や健康教育などを検討しているという。 この日の開設記念式典で大塚学長は「ここを生涯学習、大学院教育の拠点にしたい」とあいさつ。

このビルは、HIS姫路営業所が入っているビルですね。ドイツの歴史について勉強して、そのまま4階に降りて航空券を買って行ってしまうというのもいいかもしれません。

キャンパスは大手前通り、学食代わりに姫路の駅そば。なかなか優雅な大学です。

P.S.
この立地なら東京から講師を呼ぶのも楽ですね。東京駅前のキャンパスで午後2時半まで講義があっても、6時前には着いてしまいます。

参考
姫路獨協大学公開講座
姫路獨協大学、開学20周年で初の司法試験合格者(ひめナビブログ)
「キャンパス」は東京駅前 14校、高層ビルに同居 生き残りへ、社会人にPR(asahi.com) - 90分の授業時間が終わる午後3時、加藤さんが時計を気にしながら「夜は大阪で講義があるので、次の新幹線に乗らなければいけません。質問は事務局にお願いします」と謝りながら切り出すと、どっと笑いがおきた。ビルの玄関から最も近い東海道新幹線の改札まで1分足らず。(記事より)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(学校)の記事画像
母校が夢を応援してくれた
県立伝統高校が、県内大学と連携
なぜ教員は「先生」なのか
姫路南高が2.23倍に。特色選抜志願倍率
人生の8割くらいは「学びの期間」
公立高校の定員減で、専門科目の先生がいなくなる
同じカテゴリー(学校)の記事
 母校が夢を応援してくれた (2019-03-06 00:00)
 大学、高校を卒業する皆さん (2019-02-28 13:07)
 「4択問題には必ず正解がある」は、危険な思い込み (2019-02-23 01:21)
 県立伝統高校が、県内大学と連携 (2019-02-20 02:16)
 なぜ教員は「先生」なのか (2019-02-18 00:00)
 姫路南高が2.23倍に。特色選抜志願倍率 (2019-02-06 21:26)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。