2009年02月20日

姫路城の修理に寄付。定額給付金を使う手も?



姫路城、平成の大修理に必要な費用の一部を寄付で賄うそうです。

姫路城:世界遺産「平成の大修理」、寄付して名前後世に /兵庫(毎日jp)
(1)寄付の受け付け開始は4月6日(しろの日)(2)個人寄付は所得税や個人住民税が軽減される「ふるさと納税制度」を利用する(3)1万円以上の寄付者は名簿に記載して永久保存するとともに、工事用の素屋根内にネームプレートを掲げる--などとした。また、5000円以上の人に市内10施設の招待券セット(2900円相当)、3万~30万円の人に記念品、30万円以上の人には新設賞「愛城賞」を贈る方針も示され、いずれも検討会に了承された。
いろいろ特典もあるみたいだし、この際定額給付金を寄付するというのも二重に記念になっていいかもしれません。

定額給付金を記憶に残したくないという人もいるかもしれませんが(笑)

参考
私の名前 姫路城のてっぺんに 大修理寄付者に特典(asahi.com)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(文化)の記事
 姫路城は、観光名所の前に「歴史遺産」 (2019-07-07 11:54)
 過去最多にもほどがある (2019-06-19 23:57)
 土橋章宏さんの講演会 (2019-06-16 00:00)
 チームラボの作品展、今日から (2019-04-20 08:57)
 応募全作品を掲示。「姫路城の春 2019」を撮ろう (2019-03-19 07:32)
 お土産は、人が思い出を振り返るための必需品 (2019-03-08 22:57)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。