2019年02月18日

なぜ教員は「先生」なのか

姫路駅前

子供が生まれると親になります。
子供が生まれるまでは親の経験がありませんから、親としては初心者。
子供が成長することと同時に、初親も成長していく必要があります。
親になるための学校はありません。親として成長するためには実際に子供に接し、子供から「学び」を得て、自分で成長していく必要があります。

「先生」というのは、偉い人です。学校の教員は「先生」と呼ばれます。
なぜ学校の教員は偉いのか。

教員生活、38年。人間を育てる学校という場で、子供たちから学んだこと。(しあわせになる.com)
教師といっても、私は完璧な人間ではないんです。だから、勉強は教えられるけれど、あとは子供と一緒に育っていけばいいんだって。学校は、子供と一緒に自分を育てる、人間を育てる場所になっていきました。
1人、2人の子どもを育てるだけでも、さまざまなことを子供から「学び」ます。

それを毎年何人もの子供から学ぶことができる、学校の教員というのは、我々からは想像もできないほど「偉く」なるのではないかと思います。

学校の教員には、子供が好きで、謙虚に子供からさまざまな「学び」を得ることができる人、自分自身が成長する意欲のある人に是非なってほしいと思います。

参考
先に生まれただけの僕(日本テレビ)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(学校)の記事画像
高校生が国内留学、東大に推薦合格
母校が夢を応援してくれた
県立伝統高校が、県内大学と連携
姫路南高が2.23倍に。特色選抜志願倍率
人生の8割くらいは「学びの期間」
公立高校の定員減で、専門科目の先生がいなくなる
同じカテゴリー(学校)の記事
 高校生が国内留学、東大に推薦合格 (2019-03-22 00:00)
 母校が夢を応援してくれた (2019-03-06 00:00)
 大学、高校を卒業する皆さん (2019-02-28 13:07)
 「4択問題には必ず正解がある」は、危険な思い込み (2019-02-23 01:21)
 県立伝統高校が、県内大学と連携 (2019-02-20 02:16)
 姫路南高が2.23倍に。特色選抜志願倍率 (2019-02-06 21:26)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。