2018年05月26日

高校学区再編で姫新線利用増

JR姫新線姫路-播磨高岡間)

高校学区再編に伴い学区が大きくなった影響で、姫新線の利用が増えています。

JR姫新線の乗客数320万人 3%増超を維持(神戸新聞NEXT)
播磨高岡-播磨新宮間の6駅で約9万9千人増え、伸びが顕著だった。
近年の増加要因として、同盟会は播磨高岡駅周辺の宅地開発のほか、旧姫路・福崎学区と旧西播磨学区が統合された公立高校の学区再編効果を挙げている。
このことを、7年前から予測していたブログがありました。

学区を5つに統合。兵庫県の公立高校(372log@姫路)
地方の交通は高校生が支えているという意味で、公共交通の活性化につながる気もします。
やった、当たった。
いろんなこと書いておくもんですね。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(鉄道)の記事画像
忍たまとおでかけ山陽電車
私鉄全国伸び率、1位阪神、2位東京メトロ
うめ星電車
姫路発奈良行き直通列車で、車庫巡りの旅
姫路-大阪間が乗り降り自由
「一番後ろの車両の扉は開きません」を卒業する日
同じカテゴリー(鉄道)の記事
 忍たまとおでかけ山陽電車 (2019-06-27 21:08)
 私鉄全国伸び率、1位阪神、2位東京メトロ (2019-06-24 20:28)
 うめ星電車 (2019-05-14 23:38)
 姫路発奈良行き直通列車で、車庫巡りの旅 (2019-04-16 00:00)
 姫路-大阪間が乗り降り自由 (2019-04-05 00:00)
 「一番後ろの車両の扉は開きません」を卒業する日 (2019-03-27 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。