2018年03月01日

スーパーはくと新型導入。2024年めど

スーパーはくと

年63万人が利用する、超ローカル特急の「スーパーはくと」。2024年めどに車両を更新する模様。

智頭急行の特急「スーパーはくと」に新型導入 2024年めど 年間63万人利用、京阪神~鳥取結ぶ(乗りものニュース)
智頭急行の特急「スーパーはくと」に新型が導入される見込みです。現在使っている車両の導入から30年を迎える2024年をめどに、車両を更新していくといいます。
黒字を重ねた結果、車両更新に使える基金は34億円。
智頭急行は、日本有数の贅沢な第三セクター鉄道
姫路-鳥取間を1時間半程度で結びます。

参考
国内最高技術と斬新なデザイン・スーパーはくと(372log@姫路)
驚愕の第三セクター。智頭急行、過去最高の営業収入(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(鉄道)の記事画像
新幹線で東京から姫路に来るときのキーワード「往復」
鉄道運行情報
有料座席 in 新快速
高校学区再編で姫新線利用増
ピンクの新幹線で姫路へ行こう
兵庫の鉄道史。起源は学問をすすめたあの先生
同じカテゴリー(鉄道)の記事
 新幹線で東京から姫路に来るときのキーワード「往復」 (2018-06-28 00:00)
 鉄道運行情報 (2018-06-19 00:00)
 Meet Colors!台湾・ラッピング山陽電車、1年延長 (2018-06-08 20:56)
 有料座席 in 新快速 (2018-06-07 22:00)
 高校学区再編で姫新線利用増 (2018-05-26 12:56)
 播磨に新幹線の駅が3つもある理由 (2018-05-18 00:37)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。