2017年08月16日

米軍基地のゲート。応札したのは姫路の企業だけ

応緑姫路市京町

全長100m超の巨大ゲート。停電時に手で開閉できるって知ってます?

「動かしやすく頑強な門扉」応緑(関西企業のチカラ) 100メートル級、手動でもスムーズ(日本経済新聞)
三沢空港の電動ゲートは民間航空地域と米軍基地の境界に設置し、全長110メートル級に及ぶ。仕様書では停電時に手動で稼働できることが条件とされた。
そんなゲートをつくれるのは姫路の企業・応緑(おうりょく)だけです。

「頑強」と「動かしやすい」って、(ふつう)正反対じゃないかと考えます。
でも、例えば自動車でも、燃費が良くて安全性が高いモノが求められるように、真逆のことに皆挑戦しています。

ゲートにも挑戦してる人がいたんですね・・

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(企業)の記事画像
播磨製・モンダミンのあとのチューは・・
戦後すぐ、播磨にあった電気自動車メーカー
兵庫にも打撃。神鋼不正問題
播磨に関西電力の太陽光発電所
投資数百億円。姫路のパナソニック工場でリチウムイオン電池生産
ラオックスがヤマトヤシキと協業。業態転換への足掛かり?
同じカテゴリー(企業)の記事
 播磨製・モンダミンのあとのチューは・・ (2017-11-18 23:16)
 戦後すぐ、播磨にあった電気自動車メーカー (2017-10-30 22:31)
 西松屋の独自商品が安い理由、店舗を増やし続ける理由 (2017-10-29 11:47)
 兵庫にも打撃。神鋼不正問題 (2017-10-23 00:00)
 播磨に関西電力の太陽光発電所 (2017-10-07 09:19)
 投資数百億円。姫路のパナソニック工場でリチウムイオン電池生産 (2017-09-29 07:37)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。