2017年06月08日

姫路駅前半径300メートルだけに出店する外食チェーン

イタリアン酒場MARUMASA(姫路市)

姫路に絨毯爆撃のように出店するのはセブンイレブンだけではありません。

姫路駅前で「まるまさ」ブランドを浸透させた気鋭の経営者。新業態で次の展開へ~エイトリンク・松尾守晃社長(フーズチャネル)
2014年に焼き鳥メインの大衆酒場『炭焼き串 まるまさ屋』をオープン以降、右肩上がりの成長を見せる株式会社エイトリンクだ。同業態以外にも、炭焼き肉専門店、イタリアン酒場、天ぷら屋など7店舗を展開し、わずか数年で地元に「まるまさブランド」を浸透させている。
しかも、どの店も繁盛しているという。

[がっちりマンデー] 月刊食堂編集長が教える!「地方バラバラジャンル王」って?(1)(LOVELY+LOVELY)
夜8時、周りの商店街にはシャッターが下り、ほぼ人通りがない。
なのに、焼鳥居酒屋「まるまさ家」だけはお客様で溢れています。
お客の7割は男性。そして繁盛のポイントは大衆性。
イタリアンは姫路在住のおじさまでも入りやすいようにビストランテではなく居酒屋テイスト。
看板は提灯で、スパークリングワインはジョッキで提供。
高級和食のイメージ、天ぷらだって、小さなテーブルと丸椅子で大衆的な雰囲気を醸し出す。
きちんと姫路のおじさんのツボを心得てます。
やるな松尾社長。

参考
JR西の構内売店がすべてセブンイレブンに(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(企業)の記事画像
ものづくりに熱い想い。優秀なベトナム人に播州弁の壁
世界初、全自動地下植物工場を開設。播磨の企業
播磨製・モンダミンのあとのチューは・・
戦後すぐ、播磨にあった電気自動車メーカー
兵庫にも打撃。神鋼不正問題
播磨に関西電力の太陽光発電所
同じカテゴリー(企業)の記事
 ものづくりに熱い想い。優秀なベトナム人に播州弁の壁 (2018-01-12 00:00)
 世界初、全自動地下植物工場を開設。播磨の企業 (2017-12-21 00:00)
 播磨製・モンダミンのあとのチューは・・ (2017-11-18 23:16)
 戦後すぐ、播磨にあった電気自動車メーカー (2017-10-30 22:31)
 西松屋の独自商品が安い理由、店舗を増やし続ける理由 (2017-10-29 11:47)
 兵庫にも打撃。神鋼不正問題 (2017-10-23 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。