2017年04月20日

相生で小学生がタクシー通学。中国ネット絶賛



小学生と言えば、集団で歩いて登校が当たり前。
しかし、そうはいかない地区もあります。

新1年生1人のためタクシー通学、市が負担 兵庫・相生(朝日新聞デジタル)
兵庫県相生市教育委員会は、公共交通機関がない坪根地区から市立相生小学校に通う新入生1人の通学手段としてタクシーを導入し、10日朝から送迎が始まった。
かなり珍しいことだと思いますが、これに中国ネット界が反応しているのが面白い。

市負担で小学生をタクシー通学させる日本、中国ネットが称賛=「このような政府こそ人民のための政府」(レコードチャイナ)
「親がタクシー通学を要求したのかと思ったが、子ども全員がきちんと教育を受けられるようにするため、市の方が主体的に取り決めたのだ」と紹介。
これに対し、中国のネットユーザーから「このような政府こそ人民のための政府だ」「なんて幸福な国で幸福な子どもなんだ」など、称賛の声が多く寄せられた。
かつての交通手段・連絡船廃止に伴い、タクシーになったみたいですが、いずれにしろレアケース。
子育て応援都市・相生のシンボルになればいいけど、地区に一人しか小学生がいないのはいかにも寂しい。

でも、これまではいなかったのだから、子育て応援が功を奏しているのでしょう。
頑張ってるな、AIOI。

参考
坪根地区、13年ぶり新小学1年生 通学タクシー導入 兵庫(産経ニュース) - 学校で車を購入する諸経費より、タクシー代の方が割安としている。(記事より)
8年ぶりに人口増加。たった3年で政策効果(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(学校)の記事画像
ITセキュリティ活動で、播磨の高校が文部科学大臣賞
姫路市内で受験できる大学
アクティブ・ラーニング、GPA。入試改革より一歩先行く日本の大学
勉強に無駄はない
有望な駅伝ランナーが関東の大学に向かう理由
特殊な規制を50年も続けた結果、その2
同じカテゴリー(学校)の記事
 ITセキュリティ活動で、播磨の高校が文部科学大臣賞 (2018-01-21 00:00)
 姫路市内で受験できる大学 (2018-01-15 00:00)
 アクティブ・ラーニング、GPA。入試改革より一歩先行く日本の大学 (2018-01-13 00:08)
 勉強に無駄はない (2018-01-11 00:00)
 有望な駅伝ランナーが関東の大学に向かう理由 (2018-01-09 00:00)
 特殊な規制を50年も続けた結果、その2 (2017-12-18 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。