2013年02月09日

GO!GO! 官兵衛。来年のNHK大河に向け動き出す姫路

ひめじ官兵衛プロジェクト推進協議会

来年のNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」ゆかりの姫路が、動き出しました。

14年大河ドラマ ゆるキャラで官兵衛PR 姫路(神戸新聞NEXT)
兵庫・姫路ゆかりの戦国武将・黒田官兵衛を主人公にした2014年のNHK大河ドラマを観光、経済の活性化に生かそうと、官民でつくる「ひめじ官兵衛プロジェクト推進協議会」の設立総会が8日、姫路市役所であった。
官兵衛ゆかりの地として姫路市内15箇所が掲げられています。

今回のNHK大河は、誰かの原作のドラマ化ではありませんが、官兵衛を主人公にした司馬良太郎播磨灘物語の原点が、ゆかりの地にも挙げられる英賀城にあると言います。

司馬と播磨結ぶ原点 英賀神社(神戸新聞)
JR英賀保駅を南西へ約一キロ。夢前川沿いに英賀神社がある。ここは、司馬遼太郎が黒田官兵衛を主人公にした「播磨灘物語」を書いた“原点”ともいえる地である。
神社は、一大勢力を誇った三木氏が城主だった英賀城跡の一角にある。司馬の先祖は英賀に籠城(ろうじょう)した武将とされ、官兵衛に敵対した。
(中略)
司馬と親交のあった播磨学研究所橘川真一所長(75)は「司馬さんは、この小説をかなりの思い入れをもって書いていた」と語る。司馬の播磨に対する愛着の深さが、小説により官兵衛を“脇役”から“主役”へと飛躍させた。
司馬遼太郎の先祖が官兵衛に攻め込まれたのにも関わらず、司馬の小説が官兵衛を主役へと飛躍させた。不思議な関係ですが、今度はNHK大河が姫路の「智」ブランドへの飛躍の契機になればと思います。

参考
NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」を応援しよう!(姫路市)
知名度と魅力ある姫路にむけ、官兵衛PT庁内本部を設置(372log@姫路)
日本仏教発祥の地と黒田官兵衛。稲作発祥の地もここ?(372log@姫路)
官兵衛の妻は「美人で賢く女性の鏡」(372log@姫路)
姫路生まれの黒田官兵衛。再来年のNHK大河に決定(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(歴史)の記事
 讃岐と播磨はお友達 (2019-09-24 19:22)
 「イケイケ・ドンドン」平成元年の姫路 (2019-03-11 22:25)
 全国シェア8割。釣り針の製造が播磨で広まった理由 (2018-11-08 00:00)
 社会人向けの夏季大学に小学生が居た理由 (2018-02-16 00:28)
 世界遺産姫路城マラソン2018 (2018-02-11 00:00)
 姫路藩の借金を返した姫路木綿 (2017-11-20 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。