2016年09月29日

最も幸福度が高い中核市

トヨタ本社愛知県豊田市

中核市42市の中で、幸福度1位は愛知県の豊田市でした。

最新通信簿!42中核市の「幸福度」ランキング(東洋経済オンライン)
対象の中核市42市中、豊田市が1位になった。基本指標、仕事分野、教育分野の1位が、総合順位1位に大きく貢献している。とりわけ仕事分野の雇用領域と企業領域において、ほぼすべての指標が上位一桁台になった
姫路市は、いいのか悪いのかわからない26位。

分野別に見ていくと、総合1位の豊田よりも文化分野でリードしています。(豊田33位に対し、姫路3位)
文化分野では、奈良(5位)よりも、長崎(21位)・倉敷(37位)・西宮(29位)よりも姫路なんですね。

参考
関西トップの住みやすさ。都市部門で姫路市が1位(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります
  

Posted by miki at 00:53Comments(0)社会

2016年09月28日

全国ネットで歌いませんか?

あすかホール播磨太子町

全国ネットで歌いませんか?
今年12月、太子町でNHKのど自慢が開催されます。

NHKのど自慢(NHK)
日時 平成28年12月11日(日)
 開場:午前11時 開演:午前11時45分 終演予定:午後1時30分
<予選会>12月10日(土)
 開会:午前11時45分 結果発表:午後5時頃予定(当日発表)
会場 太子町立文化会館あすかホール
全国に向けて歌う機会なんて、そんなにあるわけではありません。
10月21日必着で往復はがきで申し込んでください。

観覧希望は10月28日必着。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります
  

Posted by miki at 00:00Comments(0)マスメディア

2016年09月27日

最大手がマッチ事業撤退。一部を姫路の企業に譲渡



国内シェア4割のマッチ最大手企業(本社:東京)が、事業から撤退します。

マッチ最大手が事業撤退、兼松日産農林(日本経済新聞)
マッチ最大手の兼松日産農林は27日、マッチの製造販売事業から2017年3月末で撤退すると発表した。
(中略)
製品の商標権と製造設備の一部を、マッチやライター、紙おしぼりが主力の日東社(兵庫県姫路市)に譲渡する。
ただでさえ姫路に集中しているマッチ産業。ますます一極集中ですね。

参考
国内生産の7~8割を占める姫路のマッチ(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります
  

Posted by miki at 20:21Comments(0)企業

2016年09月26日

バスの運転手に「バスガール」

姫路駅前

毎日バスに乗るのですが、女性運転手に巡り合うことが増えています。
背景には、慢性的な運転手不足で、女性運転手の採用に力が入ってきたこと。

バス運転手不足が深刻化 神姫バスなど打開策模索(神戸新聞NEXT)
神姫バス(姫路市)は今月10日、女性を対象にしたバス運転の体験ツアーを開いた。
「働きやすさや魅力を広めたい」と初めて企画。鳥取県の自動車学校で運転を体験してもらい、現役の女性運転手と懇談も行った。
路線バスの運転手は、女性向きではないかとの意見もあります。

人手不足は「バスガール」が救う(日経ビジネス)によれば、路線バスは、 決められた運行スケジュールに従って走るので、不測の残業がない。うまく勤務体系を作れば、家事や育児との両立もしやすいとか。

参考
バス運転士のお仕事 1日密着特集(神姫バス)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります
  

Posted by miki at 00:00Comments(0)バス

2016年09月25日

論理国語

みゆき通り(本文と無関係)

小学校5、6年の英語が正式科目になる?

ことば 英語の正式教科化(毎日新聞)
文部科学省が8月に示した次期学習指導要領改定に向けた審議のまとめによると、英語は歌などを通して楽しく学び、成績評価もない「外国語活動」(授業時間は週1時間)から小学校5、6年生で正式教科になる。
でも、教える時間の捻出や教える教師の人材不足が課題。早期教育による弊害意見も、根強くあるようです。

一方で、英語ほど話題になりにくいけど、こっちも注目していいんじゃないでしょうか。

「国語」を思考力育成の重要な核に 次期学習指導要領(ベネッセ教育情報サイト)
「論理国語」は、「多様な文章等を、多角的な視点から理解し、創造的に思考して自分の考えを形成し、論理的に表現する能力を育成する科目」
「論理国語」という科目を高校の科目で選択できるようにすることが検討されている模様。

私の周囲には、人工知能の発達で、「英語なんて勉強しなくても良くなるよ」っていう(能天気な)人がいるんです。
確かにこれだけスマホが普及すれば、それやってくれれば、あまり困らないかもしれないなと。

でも翻訳ソフトって、相変わらず頓珍漢な訳しかできない。本当に私が死ぬまでに「英語学習不要!」っていう日が来るのかどうか。
「聞き流すだけでペラペラ」みたいな宣伝文句にしか聞こえません。

もっとも、日本語で読んでも何が言いたいのかわからない文章なら、どんな優秀なソフトでも訳しようがありません。
優秀な翻訳ソフトが開発されて、訳せないところは「ここはこういう意味なの?」「それってこういうことなの?」と、次々と問い詰められたら、ソフトと喧嘩になりそう。

でも、高校生の間に、論理国語で鍛えておけば、翻訳ソフトできれいに英訳できるのではないでしょうか。

参考
学習指導要領改定案 要旨(毎日新聞) - 選択科目の「論理国語」は論理的思考、「文学国語」は感性や情緒、「国語表現」は表現力を育てる。(記事より)
<専門家が本音>人工知能の普及で消える仕事はこの分野と職種(東京IT新聞) - 機械翻訳や機械通訳の質は向上し続けるでしょう。でも、どこまでいっても人間の翻訳や通訳にはかなわない、という状況が30年くらいは続くでしょう。(記事より)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります
  

Posted by miki at 02:13Comments(0)社会

2016年09月24日

卓球のできない福原愛なら、注目されない

中国

福原愛さんの中国語、素晴らしいですね。

福原愛 中国語の訛り東北弁で結婚会見!台湾バカ受けの理由!(美人になりたい!をご一緒に)
会見は全て中国語で行われたが、福原は「妻になるのは初めてなので、至らないところも多いと思うが、少しずつ学んでいきたい」と流ちょうに話した。
福原愛さんの中国語は、(中国)東北弁訛りがあり、それが逆に愛らしいと中国人の心を鷲掴みにしています。

反日国家の側面を持つ中国でも、愛ちゃんは別格なのか大人気。中国語に堪能なのが、大きく貢献しています。

福原愛 夫の言葉で東京五輪目指す決意「どんな選択も応援してくれると…」(スポニチ Sponichi Annex 卓球)
活動拠点については「24年間やってきて卓球の軸はできている。夫婦の軸、地盤を固めてから、卓球に戻りたい。彼がヨーロッパリーグに参戦しているが、そこにも行ったりしたりして決めていきたい」と話した。
中国語にも堪能で、旦那は台湾人の国際結婚と、グローバル社会の象徴のようなニュースです。

グローバル社会を生き抜くのに語学の力は絶大!
と言いたいところですが、ちょっと待って。

決して忘れていけないのは、福原愛さんが世界に通用する卓球の実力を持っているということ。

中国語が堪能で台湾人と結婚する日本人なんていくらでもいます。
でも、わざわざ注目されたりしません。

福原愛さんは、小学校2年生の時についた中国人トレーナーが、中国語で指導してから中国語を覚えていきました。
卓球先進国の中国で使われる中国語には、卓球で使う微妙な変化球の表現が含まれているようで、愛ちゃんも「すごい」と思うことがあったようです。(日本語にはない表現だとか)

中国人トレーナーは、日本語もできたのですが、将来中国のチームで鍛える時のことを考えて、中国語で指導したそうです。
(中国)東北訛りなのは、トレーナーの影響です。

福原愛さんは、世界レベルの卓球を行うために、結果として中国語をマスター。
その効果もあって、中国でも人気となりました。

別に、中国語が堪能だから人気になったわけではありません。

福原愛さんの勝負どころは、あくまで卓球。中国語ではありません。

語学はコミュニケーションツール。手段です。
語学自体が何かを生み出すわけではありません。世界に通用する価値を持っている人にとって、補完することはあるけど、主役にはなりにくい。

中国語ができても卓球ができなければ、中国に行っても支持されない。
同様に、
英語力を磨いて、それで世界に出て行っても戦えない。

福原愛さんが持っている世界に通用する(卓球の)実力に相当する何かが必要。

グローバル時代に必要な力は、英語じゃなくて、世界に通用する価値。

参考
生きるために必要な英語力(372log@姫路)
グローバル時代にこそ、光り輝く日本人の英語(372log@姫路)
「1000語でなんとかなる。それは難しいことではない」(372log@姫路)
日中韓の間で話す言葉(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります
  

Posted by miki at 00:00Comments(0)社会

2016年09月23日

日本は本当におもてなしの国なのか

福岡空港

訪日経験あり中国人と、反日中国人が、もめています。

日本の素晴らしさを知らないなんて人間じゃない!日本旅行を巡って対立する中国人(サーチナ)
「日本がどれほど美しいかを知っているか?」と聞かれ、「日本は嫌いだから行かない」と答えたところ、この中国人は女性の怒りを買い、「日本の素晴らしさを知らないなんて人間じゃない」と罵られたという。
それほど日本は評価されているというのですが、本当に大丈夫なのか。

日本の評判を真に受けた旅行者が受ける最初の仕打ちは・・

九州の8空港 訪日客“渋滞” 入国審査待ち26-39分(西日本新聞)
福岡空港では15年度に入管職員を倍増させたが、到着便が集中する時間帯は1時間を超すこともある。佐賀大分宮崎の3空港では前年より悪化。
なかなか入国させないという仕打ち。
福岡空港では1時間以上待たせることがあるって?

私なんて何年も前に、フランスの空港で乗り換えに時間がかかったことがあり、それだけで印象が最悪になったのに。(この時、人生初フランス)
これじゃあ日本の将来は危うい。

こんな状況で日本で五輪までやるって、アタマ大丈夫か。

参考
法務省、入国審査官を緊急増員、関空や博多港などに60名超(トラベルビジョン)
訪日客6000万人時代へ。伊丹を廃止しなくて助かった関西(372log@姫路)
国際交流人口増加で、地方空港増強(372log@姫路)
行きたくない? 日本の空港(372log@姫路)
たとえ冗談でも、廃港論は言いにくく・・(372log@姫路)
訪日外国人急増で、早くも容量オーバーぎみの日本(372log@姫路)
居住人口が減っても、激増する国際交流人口(372log@姫路)
後手後手の空港整備。福岡空港が混雑でピンチ(372log@姫路)
空港整備の遅れが産業発展の妨げに(372log@姫路)
日本にある、すべての蛇口を開こう(372log@姫路)
ボーイング、航空機需要予測を上方修正(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります
  

Posted by miki at 00:00Comments(0)観光