2017年10月18日

社長の出身大学

甲南大学神戸市東灘区

社長の出身大学はどこか多いのか?

2016年「全国社長の出身大学」調査(東京商工リサーチ)
前年調査より順位が上昇した大学では、神戸大学(37→33位)、広島大学(48→40位)、名古屋大学(46→41位)、千葉大学(51→46位)、長崎大学(58→54位)など、国立大学で目立った。
 これは景気の先行き不透明感を払拭できないことに加え、親の収入の伸び悩みなどで東京への一極集中から地元大学の見直しが進んでいることが背景にあるのかも知れない。
 こうした動きが進むと、これまで東京一極集中だった地方の学生の進学が地元大学に定着することも期待される。
地方大学の順位が上がっている模様。
ちなみに兵庫の企業は、トップが甲南大学。
地元の大学出身者が多いようです。

参考
東京の、一情報会社が選んだ上位400社(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります
  

Posted by miki at 21:42Comments(0)学校

2017年10月17日

医療・健康環境の安全性 世界一の大阪 

大阪市

「世界でもっとも安全な都市」ランキング、大阪は3位。
とくに「医療・健康環境の安全性」分野では1位でした。

ソウル、「世界で最も安全な都市」14位…1位は?(中央日報)
EIUは世界60の主要都市を対象にデジタルセキュリティ・保健の安全性・インフラの安全性・個人の安全性の4部門にわたり計49項目の定性・定量指標を評価し、指数を算出した。
(中略)
同報告書で最も安全な都市に選ばれたのは日本の東京だ。東京は89.80点だった。以前の報告書でも東京が1位だった。2位はシンガポール(89.64点)、3位は日本の大阪(88.87点)、4位はカナダ・トロント(87.36点)、5位はオーストラリア・メルボルン(87.30点)が名を連ねた。
世界の主要60都市が対象なので、日本は東京と大阪のみが対象。
日本のレベルの高さが際立ちます。

参考
SAFE CITIES INDEX 2017

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります
  

Posted by miki at 00:00Comments(0)社会

2017年10月16日

姫路城は支城もすごい。利神城が国史跡に指定

利神城跡(播磨佐用町

2年前のブログ。

注目される姫路城の支城・利神城(372log@姫路)
専門家が竹田城にも比肩すると認める山城が、播磨にあって、それが姫路城の支城だと言うのですから、今後が楽しみです。
その利神城、国史跡に指定されました。

利神城跡が国史跡に指定 住民ら歓迎ムード 佐用(神戸新聞NEXT)
兵庫県佐用町の山城「利神城跡」が13日、国史跡として正式に指定された。
いつも思うことですが、播磨には日本の大事なものが詰まっています。

参考
日本遺産に認定。日本の大事なものが、播磨には詰まっている(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります
  

Posted by miki at 00:00Comments(0)観光

2017年10月15日

姫路市内にコスモス畑が増殖中

秋の収穫祭とコスモスまつり(南恒屋ふれあい農園管理組合)

姫路市内にコスモス畑が増殖中。

有休田活用のコスモス畑 姫路市内6カ所で見ごろ(神戸新聞NEXT)
遊休農地や転作田をコスモスなどの景観植物でいっぱいにしようと、兵庫県姫路市が住民らの活動をサポートする「はなのまちづくり育成事業」に取り組んでいる。
(中略)
南恒屋ふれあい農園(同市香寺町恒屋)では、15日午前9時~午後2時にコスモス祭りを開催。もちつき大会などがある。
今日は香寺でコスモスまつりがあります。

参考
市内各地で栽培されたコスモスが見頃を迎えます(姫路市)
コスモスが咲く田園(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります
  

Posted by miki at 00:00Comments(0)自然

2017年10月14日

姫路検定(旧・姫路観光文化検定)

姫路検定チャレンジクイズ(姫路商工会議所)

姫路検定チャレンジクイズ、10問中8問正解。合格圏内だそうです。

姫路検定(姫路商工会議所)
姫路検定試験は、姫路地域の方々や日本全国・世界各国から姫路を訪れるお客様により満足していただくため、姫路の歴史・文化・産業等に関わる知識を深め、『姫路』を再発見するために実施するものです。
姫路検定、今年は12月10日(日) 姫路商工会議所で開催されます。

参考
姫路検定受験者が増えているらしい(372log@姫路)
世界一難しい(?)試験(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります
  

Posted by miki at 00:00Comments(1)観光

2017年10月13日

赤穂の水道が全国一安い理由

千種川播磨赤穂市

水道代を安くする方法(372log@姫路)
水道代を安くするには、水道料金の安い播磨・赤穂に引っ越すこと。
ところで、なんで赤穂は全国一水道代が安いのか?

水道料金は継続的な値上げも?水道事業を取り巻く状況 ~厚生労働省「水道料金の適正化について」(LIFULL HOME'S PRESS)
採水地までの距離や地形の形状による水道管の長短の違い、ポンプによる汲み上げ設備など、水源確保への設備投資が水道料金に反映されるのだ。
2015年4月時点で最も料金が安いのは兵庫県赤穂市で10m3あたり367円。水源である千種川は町の中心を流れているため市街地までの水道管も短く済むことや、水が良質であることで薬剤の費用が低く抑えられることなどが低料金である理由だ。
なるほど。街中をきれいな水が流れているから水道代が安いということ。

播磨は清流に恵まれているから、日本酒や食材など、さまざまな面でいい影響が出ています。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります
  

Posted by miki at 01:12Comments(0)政治

2017年10月12日

SPring-8のすべて。

Pen+

知ってるようでよく知らない。SPring-8をよく知るチャンスです。

日本が誇る世界最高峰の放射光施設「SPring-8」の全貌を徹底解剖。サイエンスファン必読のPen+(ペン・プラス)『SPring-8のすべて。』は、10月16日(月)発売。(PR TIMES)
SPring-8とSACLAによる研究では、触媒の構造が明らかになり、米国の科学誌『サイエンス』において、2011年の10大科学ニュースに選ばれました。
また、小惑星イトカワの微粒子の解析にSPring-8を使い、内部構造を3次元で撮影することに成功。粒子の鉱物組織や構成を特定しました。この結果は、太陽系の誕生や生命の起源を示唆しており、いまも継続して研究が行われています。
SPring-8は、産業界のニーズにも積極的に応えています。トヨタ自動車三菱重工業旭化成住友ゴム工業第一三共RD江崎グリコなど、日本を代表する企業が自社製品の研究に利用しており、私たちの生活にも役立てられています。
一方、SPring-8のある播磨科学公園都市は、20年経っても研究者の街にはなりませんでした。

スプリング8の都市20年「研究者の街」実現遠く(神戸新聞NEXT)
世界最高性能の大型放射光施設「スプリング8」など最先端の科学技術を核に、「国際的な新都市」「人口2万5千人都市」を掲げたが、現在の居住人口は1400人に満たない。
(中略)
研究者はインターネットを使えば、海外からでもデータ収集が可能となり、施設近くに居住する必要がなくなったという。施設は大学や企業に関係なく使用が可能な一方、1人当たりの使用時間は制限される。研究者は地元に住まなくても、その実験がある数日間、施設内の簡易宿泊所に滞在するだけで対応できるという。
研究とは関係ない人でも、地震も少なそうなので移住先候補にもいいかも。
人工的に計画される都市は、裏切られることにより魅力ができることもあります。
もっと裏切られた形で街が発展すればと思います。

参考
大型放射光施設「SPring-8」を活用し、兵庫県立大学との共同研究を開始します。(マツダ)
政府が播磨に投資。「さくら」74億、「スプリング8」29億円(372log@姫路)
スプリング8で小惑星「イトカワ」の微粒子調査。本日開始(372log@姫路)
播磨が生んだ、10万歯力のガム(372log@姫路)
世界一じゃないと駄目なんです。SPring-8の予算復活(372log@姫路)
ギョーザ事件とスプリング8の使いかた(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります
  

Posted by miki at 00:00Comments(0)マスメディア