2019年07月18日

医療の国際会議も? 姫路がコンベンションビューロー支援都市に

姫路城姫路市本町

国際会議など、国内へのビジネストラベルを盛んにしようと政府も力を入れています。

観光庁、コンベンションビューロー支援都市を選定、姫路市と長崎市、海外有識者がコンサル支援など(トラベルボイス)
観光庁はこのほど、2019年度のコンベンションビューロー機能高度化事業の対象都市として、姫路市、長崎市長崎国際観光コンベンション協会)を選定した。
(中略)
高度な専門知識と国際ネットワークを有する海外有識者によるコンサルティング支援を行うことで、MICE開催・誘致のためのコンベンション機能の高度化を図るとともに、都市の自律的な取り組みを促すもの。
ところでMICEって?(JTB総合研究所より)
MICEとは、Meeting(会議・研修・セミナー)、Incentive tour(報奨・招待旅行)、Convention またはConference(大会・学会・国際会議)、Exhibition(展示会)の頭文字をとった造語で、ビジネストラベルの一つの形態。参加者が多いだけでなく、一般の観光旅行に比べ消費額が大きいことなどから、MICEの誘致に力を入れる国や地域が多い。
一般的な観光旅行だけでなく、高度なビジネストラベルに対応できることを目指しているようです。

新しいビジネスの潮流「MICE」とは?(キャリタス就活)
観光庁では国際会議の外国人参加者1人当たりの平均消費額が「約26万円」という推計も発表。中でも三大都市圏(首都圏・京阪神地域・中京地域)で開催される医療関連の国際会議では、平均消費額が「約36万円」と極めて高い傾向にあることも発表しています。
医療関連の国際会議を姫路で開けば、経済効果も期待できるということでしょう。

経済効果もさることながら、医療関係者に、「こんなにいいところ、また来たい」と感じてもらったり、何だったら住み着いてもらいたいです。

参考
県立はりま姫路総合医療センター(仮称)及び関連施設の基本設計概要について(兵庫県) - 近隣に姫路駅や文化コンベンション施設(予定)もあります。
医学部、医大のある地域、ない地域(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 00:00Comments(0)観光

2019年07月17日

何もなければいいけど、何かあると面倒

7pay

結構な被害が出ているのですね。

7pay、被害1574人を認定 3240万円、不正拡大も(京都新聞)
11日時点で1574人、計約3240万円の被害を認定したと明らかにした。利用者に不自然な取引がないか確認を呼び掛けており、被害はさらに広がる可能性がある。
被害にあわれた方や、7payに絡んで心配されているかたには、ご同情申し上げます。早くこの問題が終息することを願います。

クレジットカードや口座引き落としなど、データ処理ですませてしまう決済は、何事もなければ便利ですが、いったん何かがあると面倒です。 

先日、ある機関の申し込み時に銀行の引き落とし口座を登録しました。ある時銀行からメールが来ました。
お客さまの口座が以下収納企業の各種料金等の引落し口座として登録されました。
お心当たりがない場合は、xxx-xxx-xxxx (銀行の連絡先電話番号)まで直ちにお問い合わせください。

収納企業名: XXXXXXXX
収納企業名に心当たりがないので銀行に問い合わせましたが、なんだかんだ言って引き落としを停止してくれない。
引き落とし口座を登録した機関名で表示されていればいいのですが、代行業者名で表示されているのか、(私自身)確証がない。
銀行も、取引先のことは教えられないから、その機関に問い合わせてくれという。
そこで、その機関に問い合わせたのですが、(電話に出た人は)即答できない。調べるのに時間がかかるという。「なんで?」

再び銀行に状況を電話で相談したところ、やはり銀行側では書面によるやりとりでしか停止にはできないと言います。
その間に、何かあったらどうすんねん。と思って、さらに食いつくと、普通預金しかないのであれば、残高を減らす方法が考えられるとの提案を受け、一旦、別の口座に退避することにしました。
結局、数日後確認が取れたため、何事もなく元に戻すことができました。

クレジットカードを5枚(うち1枚は法人カード)持っています。これまで何事もなかったのですが、いくら保険がついていても、気づかず放置していれば戻ってきません。チェックは結構面倒。

最近の「何とかPay」もいいのですが、何種類もあってそれぞれ運用が微妙に違うので、さすがにこれ以上管理できないだろうなということで、手を出していません。

キャンペーン期間中以外の、本質的な利用者メリットも(今のところ)感じません。
たぶん普及したら、屋台とかでも使えて、浴衣しか着てないようなときでもスマホさえ持ってれば何とかなるというシーンがあるんでしょう。
もちろん中国に旅行するときは、中国のメジャーな「何とかPay」と提携しているPayが活躍しそうですね。

現金でも落とすと被害が出ますが、(許せる範囲の)少額だけ持っておくという方法もあります。
デビットカードやプリペイドカードであれば、その感覚に近い状態にすることも可能。
ただ屋台ではカード処理端末の電源が取れないので(おそらく)将来も使えるようにはならないでしょう。
「何とかPay」ならQRコードを印刷した紙を置いておけばいいけど。

(今のところ)中国旅行でもしない限り、自分がふだん行動する範囲で便利なカードと、現金の組み合わせがいいかなぁ。

ま、こんなこと考えてるとかなり疲れます。
政府のポイントキャンペーン(?)が始まる10月以降、もっと疲れそう。

参考
キャッシュレス・消費者還元事業

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 02:54Comments(0)ショッピング

2019年07月16日

姫路駅から電車で10分の臨海部に、平らな土地が余っている



千載一遇のチャンスです。

姫路の巨大リゾート夢破れ 半世紀前構想、バブル崩壊で頓挫 月末にも正式廃止(神戸新聞NEXT)
「都市圏の臨海部でこれほどまとまった土地が残っているのは全国でも珍しい。地域道路の整備が進めば、さまざまな活用策が出てくるだろう」と話す。
姫路空港をつくればいいと思います。

世界の航空旅客は「2037年までに2.4倍」と予測、中東・アジアがけん引、欧米では縮小傾向へ(トラベルボイス)
航空旅客需要は、有償旅客キロ(RPK/有償旅客数×輸送距離キロ)ベースで、2017年の7兆7371億人キロメートルから2037年には約2.4倍の18兆5875億人キロメートルに拡大。
関西では関空伊丹神戸の三空港が、大阪湾の上空を奪い合うように、離発着制限しながらなんとか需要を満たしています。
そのため、神戸から羽田に向かう便は、一旦、西に飛び、播磨灘上空で急旋回してから東に飛んでいます。(羽田→神戸便も同じ)
だから、姫路・大塩に離発着できる滑走路があれば、ジェット燃料も時間も無駄になりません。

現姫路市長亡きお父様が県議をやられていたとき、高砂沖に国際空港をつくる旨の公約を掲げてらっしゃったことがありましたが、いまだ実現していません。

広峰の険しい山を削り取って自然破壊して滑走路を引くのとはわけが違って、すでにまっ平らな土地があるのです。費用も時間もかかりません。
(15分に1本走っている)山陽電車直通特急も止まるので、(新幹線と接続する)山陽姫路駅から10分、山陽明石駅から20分。舞子公園駅からでも25分なので、淡路からのアクセスは神戸空港より良くなります。

伊丹空港の航空機騒音が煩いと言って反対していた地元の人は、いまは一転して廃港反対、さらには運用延長と国際便への拡大要望になっています。
それほど、航空機技術の進歩で静音化し、ネットワーク拠点となる空港の魅力が増しているのです。

参考
豊中市長、大阪空港国際便に意欲 関西で唯一の陸上空港、運用時間延長の議論を(産経ニュース) ← 伊丹空港の地元は廃港どころか、(航空機騒音の改善を前提に)国際線、運用時間延長を望んでいます。
神戸空港の飛行経路(神戸市)
高砂沖で航空機が無駄に旋回する理由(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります
  

Posted by miki at 00:00Comments(4)航空

2019年07月15日

少子化対策どころか・・。産科医不足で加西市の分娩医療休止

市立加西病院兵庫県加西市

政府のホームページ。

結婚・妊娠・出産・育児の切れ目ない支援(内閣府)
妊娠、出産に関する希望がかない、誰もが安心して妊娠期間を過ごし、出産できるよう、子供を持つことを希望する人のために、地域の特性に応じた寄り添い型の支援に取り組んでいます。
実態はというと、

加西市内の分娩医療機関ゼロに 加西病院が受け入れ休止へ(神戸新聞NEXT)
市立加西病院(兵庫県加西市)は、来年2月から分娩医療を休止する、と発表した。産婦人科の常勤医2人のうち1人が今年12月末で退職することになり、補充のめどが立たないため。休止によって市内で出産できる助産院はあるものの医療機関はゼロになる見通しで、今後も医師確保による再開を目指す。
少子化対策に逆行する状況が、ここ播磨では進行しています。

参考
少子化対策と産科医師問題(372log@姫路)
欧米スタイル・産科オープンシステムが相生で開始(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 00:00Comments(0)医療

2019年07月14日

なぜか HIDA TAKAYAMA にイスラエル人が押し寄せる

高山市

岐阜県の山奥、海外からのアクセスも容易でない飛騨高山に、外国人が押し寄せています。

イスラエル人が岐阜高山を訪れる理由とは?訪日外国人数の大躍進を実現した市役所の取り組み(訪日ラボ)
8年間で約6倍の訪日外国人観光客が訪れるようになりました。2018年のインバウンドの宿泊者数も、過去最高の146万人を記録し、その伸び率では日本で1位となっています。
(中略)
高山市街地の観光スポットガイドの「飛騨高山 ぶらり散策マップ」を日本語・英語・中国繁体字・中国簡体字・韓国語・フランス語・ドイツ語・スペイン語・イタリア語・タイ語・ヘブライ語と11言語で作成しています。観光マップを11言語に対応させている自治体は、全国的に見ても他にないようです。
ヘブライ語対応のおかげか、イスラエル人もやってきます。
市長自ら海外に出向き、トップセールスを行うなど、どこよりも早く訪日外国人の受け入れに目を向け、長い間地道に取り組みを続けてきたことが形になっています。
姫路もそうでしょうが、海外からのアクセスが不便な地域でも、ここまでやれば外国人がやってくるということでしょう。

姫路城の入城者数に下げ止まりの兆し 地道な「おもてなし」の効果か(神戸新聞NEXT)
18年春から、英語、中国語、スペイン語などに対応できる案内役を配置しており、担当者は「口コミで評判が広がっている可能性がある」と話す。
姫路もがんばっています。

参考
あふれる訪日外国人。置いてけぼり 鎖国兵庫(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 15:20Comments(0)観光

2019年07月13日

金銭的な負担なく地方に行ってお手伝い「おてつたび」

永岡 里菜@おてつたび

学生さんの夏休み。お金はないけど何かしたいというなら、地方のお手伝いをするのはどうでしょう。

地方の人手不足を解消する新しい旅の形、「おてつたび」が、夏休み期間の受け入れ先とサイトリニューアルに伴い、学生ユーザーを対象にお披露目会を開催(紀伊民報)
おてつたびは、人手不足やPR不足等で困っている地域の方と、「知らない地域へ行きたい!」「地域を知りたい!」と思っている地域外の若者をマッチングし、気づいたら地域のファン(=関係人口)が創出できているサービスです。
(中略)
▼「おてつたび」により改善される社会課題(目指すもの)
 ・地方創生
 ・地域活性化
 ・関係人口の増加
 ・人材不足の解消
 ・学生の就業経験
 ・つながり、居場所
1週間程度、見知らぬ土地に出向いて旅館の手伝いをする。
その土地の人々とつながりが持てるし、交通費も出してもらえる。一石二鳥というわけです。

旅×お手伝い=おてつたび、地域との新たな関わり方が地方創生の特効薬となるか(ラブテックメディア)
「関係人口」とは、移住する「定住人口」でも観光に来る「交流人口」でもない、地域と多様に関わる人々を指す言葉。
(中略)
旅行者は交通費をかけることなく、行きたい地域に行くことができる。代わりに、地域の旅館や民宿でお手伝いをする。だいたい3日〜1週間程度のおてつたび案件が多く、現時点では学生の方の利用が多いという。ちなみに、現状のビジネスモデルは、お手伝い先からのマッチング費用を頂戴する、というものだ。
たとえその地方に、立派な遺産や観光名所がなかったとしても、その土地に住む人がいる。
心に残る旅って、結局、そこにどんな人がいてどんな体験ができるかということ。

でも、観光名所でもなければ、そこに行く交通費を(思い切って)負担できない。そういう交通費の障害を取り除きましょうというのが、「旅×お手伝い=おてつたび」の発想です。

この事業、「旅館のお手伝い」というのが、ポイントです。地方に行くのはいいけど、泊まることや食べることに対応する抵抗が最も少ないのが旅館。そして地方の旅館は人手不足。

代表取締役CEOの永岡里菜さんは、
知るキッカケがまだまだ少なく、このまま地域の良さが知られないまま地域が消滅してしまうかもしれない事への悔しさや危機感から起業を決意し「おてつたび」の運営を開始しました。
とのこと。

P.S.
学生だけじゃなく、会社員にもいいですね。これなら副業禁止企業でも可能じゃない?

参考
“手伝いすると旅が無料”どんなサービス?(日テレNEWS24)
「人口」を増やす方法(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 17:38Comments(0)社会

2019年07月12日

神戸市の人口減少から学ぶこと



神戸市の人口が全国一減少しました。

人口減少数、神戸が全国で最大 前年比6235人減(神戸新聞NEXT)
神戸市に住む日本人は前年と比べて6235人減り、人口減少数が全国の市区町村で最大となった。
2番目に減ったのが北九州市、3番目が京都市。9番目に堺市が入っています。

兵庫県はもともと人口が550万と多いので、人口減少局面になると、目立つことになります。
同様に神戸市や京都市の人口も、150万クラスなので、目立つ。

人口が増加しているのは、川崎市大阪市福岡市の順で、どこも12000人前後増えています。
関西は、中心の大阪市だけが伸びて、周辺の大規模市がすべて減るという、わかりやすい状況にあります。

かつて大阪市内から鉄道に沿って郊外に出て行った人々が、再び大阪市内に戻っている。

大阪市は社会増が20000人とダントツで全国一。(2位の横浜市は13000人)
ところが、自然減が8000人で、これまたダントツで全国一。(2位の札幌市は6000人)

つまり
1 周囲の市から人口が流入している(社会増)
2 一旦市内に住むと、人口が減っている(自然減)
3 それが(全国一)大規模に起きている

これは首都圏でも起きていますが、首都圏自体に(全国から)人が集まってくるので目立たない。(潜在化)
(顕在化している)関西の状況を見ていると、大都市とその周辺で何が起きているかがよくわかります。

首都圏でも横須賀市の人口減が顕著だし、横浜市でも東京に近い北部地域が増加し、南部地域は減少している。全体で表示されると(今のところ)目立ちませんが、今後神戸市のようになっていく可能性が高い。
そして横浜市から一旦東京に移り住むと、東京そのものは人口を減らしてしまう自然減に見舞われることになります。

神戸市の人口減は、今後の横浜市の人口減や、東京の自然減を顕在化させる前兆です。(潜在化してるだけでいまも起きている)

P.S.
もちろん、トレンドが変われば(変えれば)この限りではありません。

参考
ハマっ子も驚いた?鶴見区は横浜市で「最も伸びる区」(毎日新聞「経済プレミア」) - 横浜市の人口のピークは今年で、この先は人口減少が始まる。そのなか、人口が増え続けると考えられるのが、港北区西区そして鶴見区だ。(記事より)
1万円預けると5千円しか返さない銀行(372log@姫路) - 東京に若者が集まると、日本の人口減少が加速されます。(ブログより)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 04:30Comments(1)社会