2020年05月25日

アフターコロナで地方や郊外が注目


アフターコロナで地方や郊外が注目されています。

東京圏在住者の5割「地方暮らしに関心」…1万人調査、コロナ終息後に移住促進へ(読売新聞オンライン)
地方への移住者を増やすため内閣官房が東京圏(東京都、神奈川、千葉、埼玉県)在住の約1万人を対象に行った調査で、49・8%が地方暮らしになんらかの関心を持っていることが分かった。
東京に住んだことありますが、ソーシャルディスタンスが小さい。人が多い。余裕がない。
その点、地方はソーシャルディスタンスが取りやすい。

「3密」で価値剥落 都心の大規模オフィスやタワマン(日本経済新聞)
「実際にテレワークをしている方に話を聞くと、皆が異口同音に『小さくてもいいから書斎が欲しい』と言います。
(中略)
書斎のもう1つある家が欲しい、あるいはもっと広い家に住みたい。こうしたニーズは当然出てくるでしょうね。毎日会社に行く必要もなくなりますので、遠くてもいいから広い場所に住もうという選択肢も出てきます。利便性で好まれていた『都心』の価値は、相対的に低くなっていくでしょうね」
都心一極集中が緩和され、再び郊外へ。しかも週一程度の出社となれば、郊外の選択肢もかなり多様になるかもしれません。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります
  

Posted by miki at 20:41Comments(0)社会

2020年04月26日

オンライン飲み会


昨晩、オンライン飲み会を経験しました。

オンライン飲み会がブーム!宅飲み専用アプリ『たくのむ』登場(特選街WEB)
2020年4月13日現在、最大12人まで同時通話可能になっています。(本来は7人以上の通話は有料サービスとなっていますが、現在は7人以上も無料キャンペーン中)
オンライン飲み会は、自前で飲み物や食べ物を用意し、オンライン上で会話する飲み会。

好きなものを用意して好きな時間に切り上げたり、中座したりというのが楽にできます。
あと、お互い自宅でやってる場合は、なんとなくですが、家族のような一体感も出たり(?)します。

個室とか用意できない場合は、それこそ子供の声が入ってきたり、生活感も出ます。
それが悪い場合もあれば、いい場合もある気がしました。

これなら遠隔にいる相手も交えて飲み会ができるなど、通常の飲み会に勝るメリットも多いので、
アフターコロナ(自粛期間後)でも、一定の市民権を得そうな気がしました。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 16:45Comments(0)IT

2020年04月21日

テレワーク


まさかと思ったけど、突然のテレワーク指令。
勤務先で使用しているデスクトップパソコンを自宅に持ち帰り、本日昼前からテレワークとなりました。

一時的との話ですが、結構続くような気もするわで、手探りの日々が続く毎日です。
明日はWebミーティングです。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 22:51Comments(2)IT

2020年04月05日

兵庫は五国なんだから「医学部も5つ」



“感染者ゼロ”の鳥取・島根 なぜ? 全国2900人超の中(YouTube)

人口550万の巨大県なのに医学部が2つしかなく、度々新型コロナ警戒地域とみなされる兵庫。
人口少ない(県全体で55~67万。姫路市53万)のにきちんと医学部があり、無傷の鳥取、島根。

医学部って、全国から人が集まるんです。例えば島根大医学部の9割は他の都府県出身。
で、6年間そこに住んで、何割かは住みつく。

医者の卵を集めてくる機能がある。
だから、例えば兵庫のように、医学部が(人口比で)少ない県から医者の卵を取り上げてる面があります。

人口少ないのに医師の割合が、鳥取・島根は多い。

だから周囲に医療関係の人が多く、予防医学の観点からいうと、実はレベルが高い、もしくはどんどん高くなるのではないかと思うのです。

上先生も著者の中で、姫路(兵庫県西部)の医療体制が西日本なのに弱いことを名指しされていて、医学部がないことを指摘されています。

こんな話があるようです。

上 昌広@KamiMasahiro Twitterより
ビジョン会議という委員会で医学部定員五割増を打ち出しました
総定員だけでなく学部の数を増やしてほしい。その中に兵庫も含んで欲しい。
兵庫は五国」って観光のことだけ言ってないで、兵庫は五国なんだから「医学部も5つ」と言ってみたいと思います。

それでも島根、鳥取のレベルには及びませんが。

参考
医学部、医大のある地域、ない地域(372log@姫路)
医者の卵が姫路から逃げていく残念な事実(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 11:40Comments(0)医療

2020年03月29日

恐ろしいコロナウイルス。石鹸が強力な対抗手段


コロナウィルスとは何か&あなたは何をすべきか(YouTube)
コロナウイルスは脂肪の層に包まれています
石鹸はその脂肪の層をバラバラにして感染能力を奪います
また手の表面が滑りやすくなり
洗う時の物理的動作により
ウイルスがはぎとられます
ウイルスが「はぎとられる」のは石鹸のおかげ。
すごいぞ、石鹸。

参考
なぜ新型コロナウイルス対策に「石けん」が最強なのか?(Gigazine) - 世界保健機関(WHO)は、新型コロナウイルスへの感染を予防するには「とにかく石けんを用いた手洗いに尽きる」と呼びかけています。(中略)石けんには脂質を溶かしてしまう作用があるので、石けんにさらされたウイルスは「トランプで作ったピラミッド」のように簡単にバラバラになってしまいます。これに、石けんが手の表面から汚れを除去する効果も加わるので、石けんはウイルス対策にうってつけ(記事より)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 02:34Comments(0)社会

2020年03月25日

支援に「シェイシェイ」。中国から75万枚の医療マスク


今年1月末に、中国から要請があり、兵庫県はマスク100万枚を送りました。

兵庫県、マスク100万枚を中国へ 震災支援の「恩返し」(神戸新聞NEXT)
1月末に在大阪中国総領事館から「衛生用品が不足している」と要請があり、支援を決めた。発送するのは、三木総合防災公園三木市)に備蓄してあるマスク100万8千枚。同日、公園内で同領事館に引き渡した。
県国際交流課は「これまでの恩返し。今後も友好を深めながら助け合っていきたい」としている。
震災支援の「恩返し」だったのですが、いまは兵庫県のほうが困っています。

医療用マスク等の確保について(兵庫県新型コロナウイルス感染症対策協議会の資料より)
中国からの寄附・支援
・ 民間からの寄附〔医療用:1 万枚〕:~3/18 県立病院へ配布済み
・ 中国(広東省海南省)からの支援〔N95:5 万枚、医療用:70 万枚〕:3/23,3/24
到着。今後配送予定。
医療用マスク75万枚の支援を中国から受けています。
まさに友好を深めながらの助け合いですね。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 23:10Comments(0)社会

2020年03月21日

新型コロナ関連、姫路市の情報 facebookより

facebookを見てたら、珍しく姫路市長の書込みがあり、興味深い内容でした。
Twitterでリンクを貼ったら、見られないと言われました(たぶんfacebook友達のみ閲覧になっている)ので、画像を掲載させていただきます。
facebookのほうには、転載した旨と、公開の書込みにしてもらえないかとお願いの書込みをしました。


あと、誤解されると困りますが、私は姫路市の職員でもなんでもありません。(Twitter上で「あなたは市の幹部ですか?それなら情報の出し方がおかしいでしょう」と言われたので念のため。)

P.S.
昨日は、追加書込みもありましたが、さきほど見たら(理由は不明ですが)見えなかったので、こちらも消しました。(2020/3/22)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 18:19Comments(0)政治