2017年05月27日

インドネシア

バリ島インドネシア

インドネシアの首都ジャカルタで自爆テロがありました。

ジャカルタのテロ、IS系が声明 自爆容疑者の身元特定(朝日新聞デジタル)

しばらく更新してなかったのは、勤続30周年でもらった旅行券でインドネシア(バリ)に行ってたからです。
でも、ジャカルタは行ってないので無影響。

ただ、水が悪かったのか、腹痛くて大変でした。
乗り継ぎ先のシンガポールでは関空行の飛行機が行ってしまい、予定になくシンガポールでも宿泊することに。
無事日本に帰ってこれたのですが、あまり体調よくありません。

ぼちぼち更新していきます。

参考
バリ島の水事情(バリ島ウブド便り) - クタなど民家や建物が多いエリアは、ちょっと心配ですので、歯磨きやうがいの時もミネラルウォーターを使うようにした方がいいでしょう。よく、アメニティでボトルに入ったお水が洗面所に置いてありますが、これは飲料水ではなく(もちろん、飲んでも構いませんが)歯磨きやうがい用のお水です。 (ブログ記事より) ← 確かに洗面所にミネラルウォーターあったけど、水道で歯磨きしてたわ。遅い・・

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります
  

Posted by miki at 09:51Comments(1)観光

2017年05月20日

ラスト電王戦・姫路城で対決中。じばさんビルで大判解説

第2期電王戦 佐藤天彦vsPONANZA(ニコニコ動画)

人間とコンピュータの対決を見る最後のチャンス。

人間とコンピューターのガチ対決は今日で見納め。第2期電王戦第2局、佐藤叡王 vs Ponanzaが姫路城で対局開始(Engadget 日本版)
本日5月20日の第2局は先手後手が入れ替わり、佐藤天彦叡王の先手で午前10時に対局が始まっています。
対局場所は、昨年3月に大天守保存修理を終え白い輝きを取り戻した、兵庫県の姫路城
(中略)
姫路・西はりま地場産業センター9階 901会議室で大判解説もしているので、お近くの人は足をお運びください。会場は12時半からで、無料です。
姫路城で対決中ですが、姫路駅南のじばさんびるで大判解説が12時半から行われるようです。

参考
400年の歴史上初の戦場に。将棋電王戦、姫路城で最終戦(372log@姫路)
電王戦 名人vs人工知能 (仮)(NHKスペシャル)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります
  

Posted by miki at 11:38Comments(0)文化

2017年05月17日

山電の花形車両が消える日

山陽3000系

かつての花形車両も消えるのですか。

山陽電鉄、3000系の引退編成に「Last Run」ヘッドマーク 5月31日まで(レスポンス)
3000系は1964年から1971年にかけて製造された、山陽電鉄の電車。神戸高速鉄道の建設で阪神電気鉄道や京阪神急行電鉄(現在の阪急電鉄)との直通運転が計画されたことから、これに対応した車両として開発された。
3000系車両は、1965年に鉄道友の会からローレル賞を受賞しています。

3000系が生まれたとき、山陽電鉄の神戸側終点は電鉄兵庫でした。4年後には西代から神戸高速に乗り入れ、電鉄兵庫は廃止されます。

電鉄兵庫に停車したことのある車両がついになくなるということになります。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります
  

Posted by miki at 23:16Comments(0)鉄道

2017年05月15日

川崎市が人口6位へカウントダウン



神奈川県にある川崎市の人口が年々増加。先月末、150万人を超えました。

川崎市人口、150万人突破=神戸に迫る(jiji.com)
川崎市の福田紀彦市長は26日記者会見し、24日現在の人口が150万52人になったと発表した。20政令市で人口が6番目に多い神戸市の153万3290人(3月1日現在)に迫る水準だ。
川崎市は7番目に人口の多い都市ですが、現在6位の神戸が年々減少しているので、再来年明けにも6位に浮上しそう。

2年前にも福岡に関して似たようなことを書いてましたが、ほぼ予想通りに福岡が神戸を抜きました。

福岡市が人口ランキング5位へカウントダウン(372log@姫路)
このペースで行けば、来年の今頃、逆転することになります。
ここはひとつ、同じ県にあり一部は播磨でもある神戸市を応援する意味で、川崎市に負けない神戸市のいいところをPRするとします。

神戸というと、夜景が綺麗とか異国情緒とか観光でたまに行くのはいいけど、日常生活をイメージしにくいところがあります。
でも、日本でもぶっちぎりに生活しやすい側面があるんです。

なぜ神戸市の水道光熱費は日本一安いのか(PRESIDENT Online)
水道光熱費の支出がダントツに少なかったのは神戸市の13万5735円だった。こちらも月割りにすると1万1311円になる。青森市の実に半分以下で、比較すれば毎月1万3000円も少ない。2位以下は、千葉市16万1785円、川崎市16万5720円
(中略)
「神戸市の場合、水道料金は20年間、下水道料金は30年間一度も値上げをしていません。加えて10立方メートルまでの使用量は固定料金(税込950円)に含むという、住民負担を軽減する制度設計にしているところに要因がある」(神戸市水道局計画調整課)と、関係者は行政努力を強調した。
神戸って、人口密度が高いし、水源の六甲山系から都市部までの距離が短い(もしくは一体化している)ので、効率的に配水できるんじゃないかと予想します。

水源から離れた広い平地に配水を余儀なくされる平野部の都市に比べると、この点に関しては恵まれているかもしれません。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります
  

Posted by miki at 22:50Comments(0)社会

2017年05月14日

神社仏閣のそばで育つと幸せになれる?

随願寺姫路市白国

子どもの頃、近所に神社仏閣ありました?

神社仏閣の近くで育つと「幸せ」感じやすい 大阪大教授らが分析(産経WEST)
子供の頃に寺院や神社が近所にある地域で育った人は、そうでない人に比べて幸せを感じているとの調査結果を、大竹文雄大阪大教授(行動経済学)らの研究チームがまとめた。
私が生まれ育った家の東隣がお寺で、北隣は神社でした。
完璧な環境だった。はず。

国宝級の神社仏閣のそばで育った人は人間国宝になりやすいとかいう研究ないかな?
姫路には国宝級のお寺がたくさんあるから人間国宝が出たとかね。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります
  

Posted by miki at 09:03Comments(0)文化

2017年05月13日

よさこい祭り、YOSAKOIソーラン祭り、ひめじ良さ恋まつり

ひめじ良さ恋まつり

いよいよ明日は、第18回 ひめじ良さ恋まつり。
大手前公園姫路駅北にぎわい交流広場などで開催されます。

よさこい祭りは高知にしかなかったのですが、ある一人の大学生が札幌でも開催。

YOSAKOIソーラン祭り(Wikipedia)
北海道大学の学生だった長谷川岳(現・参議院議員)が大学2年の時、母親がガンを患い、兄が医師として勤める高知県の病院へ入院したため、看病のために訪れた際、本場のよさこい祭りに接しその躍動感に感動、「こうした光景を北海道でも見られたら…」と、1991年12月、学生仲間を募り5名で「YOSAKOIソーラン祭り実行委員会」を発足させ、高知県の「よさこい祭り」と北海道の「ソーラン節」を融合させた「YOSAKOIソーラン祭り」として企画・立案し、誕生したものである。
名称は、「YOSAKOIソーラン祭り」。

ひめじ良さ恋まつり(ほりほりの姫路ガイド)
正式名称はひめじ良さ恋まつり(姫路よさこい祭りは間違い)と言います。
(中略)
我がまち・姫路でも2000年から開催され、当初は婦人会が中心だったように記憶しています。
姫路は「良さ恋まつり」で、婦人会が立ち上げた(?)
姫路の婦人会すごい。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります
  

Posted by miki at 18:52Comments(0)観光

2017年05月11日

東京まで2180円の夜行バス



久しぶりに検索しましたが、安い。

LimonBus1便 姫路・加古川⇒東京・秋葉原・TDS・TDL 4列ワイドシート(夜行バス比較なび)

19:10に姫路駅(南口)を出て、加古川を経由。
翌6:10~7:20に東京駅→秋葉原駅→TDS→TDLへ。

5月の月~木出発だと、2180円なのですね。

バス会社どこだろう? と思ったら神姫観光バス
ちょっとびっくり。

一方で、豪華バス競争の動きも。

豪華バス競争「3列席」で挑むバス会社の狙い(東洋経済オンライン)

ビジネス客狙いらしいですね。ターゲットは2つ。

1 夜行バス未経験者
  夜行バスは疲れるからと敬遠してきた人への食い込み

2 夜行バス元経験者
  学生時代に夜行バスを利用していたが、就職等で離れた人
 
本来、夜行移動は、宿泊不要で時間が有効に使えるメリットがありますが、デメリットは疲れること。
豪華バス志向は、疲れるデメリットを軽減して夜行バスをもっと利用してもらおうということのようです。

「豪華」と言っても新幹線より必ずしも高いと限らない上、宿泊費はいらないので、なかなか魅力的に感じます。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります
  

Posted by miki at 23:07Comments(0)バス