2020年06月28日

パンデミックでグローバリゼーションは加速する


38年前、大学の経済学部に進学してすぐ、経済学の入門として学習した中に、「短期と長期」という概念がありました。テキストは「近代経済学を学ぶ」。
今でも、物事を考えるベースになっています。

グローバル化は加速する。歴史が3度示した 出口治明・立命館アジア太平洋大学長(毎日新聞)
過去のパンデミックは、全てグローバリゼーションを加速させている。今回のコロナ禍も時間軸で捉えないといけない。確かに短期的には人の移動が滞るのでグローバリゼーションは止まる。しかし、中長期的に考えると必ずグローバリゼーションは加速する。これは歴史の教訓である。
今朝の毎日新聞の本紙にも全文載ってますが、ネットでは会員記事になってます。

新型コロナの影響で、短期的には経済も停滞するし、大迷惑。世の中どうなっちゃうんだと不安になります。
しかし中長期的に歴史を見ると、人類はパンデミックを乗り超えてそれまでとは違う社会として発展した。

いまは、航空会社は大変だし、鎖国気味の世の中になっています。
こんなにコロナが急速に流行したのはグローバル化のせい。こんなグローバル化が行き過ぎた社会は、長期的には見直されていくんじゃないかという見方もあります。

しかし、過去のパンデミックでは、(中長期的には)グローバリゼーションが加速したと出口学長は言います。

これだけ世界的に大きな揺さぶりをかけられたら、世界中の人が一斉に気づくこと「気づき」も当然ある。
例えば、ステイホームを強いられ、やむなくオンライン会議してたら、
これって、今まで参加するのが大変だった遠方の人も容易に参加できるようになるよね。
みたいな。

グローバリゼーションって、世界規模で人々が交流することが必要条件だと思います。
しかし、必ず航空機を使って移動してるのでは経済的にも限界がある。
メールやSNSでも情報量の限界はある。

オンライン会議なぞというものだって、所詮云々・・と言っていた人たちも、無理やり経験させられた。

「使えるやん」

と思った人たちは、使いだす。世界的に・・

必ずしも航空機で移動する必要のないグローバル規模の交流層がかなり分厚くなって、少し中長期的にみればグローバル化が加速するというシナリオは十分ありうると感じます。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 07:23Comments(0)社会

2020年06月25日

マスク社会


緊急事態宣言が解除されても、マスクを手放せない世の中になりました。
暑くなってくると、熱中症に気をつけないといけませんから「迷ったら着けとけ」みたいにもいきません。

マスクについて(楽園はこちら側)
つまり、マスクを着用することによって利益が得られる「状況」のマージンはそんなに広くはないってことです。感染者が少なすぎると、マスクは意味がない。感染者が多すぎると、やはりマスクでは心もとない、ということになります。
熱中症などのデメリットがなければ、効果があろうがなかろうが、着けとけばいいのでしょうが、熱中症の危険があるときは外す。また、マスクを過信しないのが大事と思います。

参考
「医学的な正解」と「社会的な正解」(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 15:04Comments(0)社会

2020年05月25日

アフターコロナで地方や郊外が注目


アフターコロナで地方や郊外が注目されています。

東京圏在住者の5割「地方暮らしに関心」…1万人調査、コロナ終息後に移住促進へ(読売新聞オンライン)
地方への移住者を増やすため内閣官房が東京圏(東京都、神奈川、千葉、埼玉県)在住の約1万人を対象に行った調査で、49・8%が地方暮らしになんらかの関心を持っていることが分かった。
東京に住んだことありますが、ソーシャルディスタンスが小さい。人が多い。余裕がない。
その点、地方はソーシャルディスタンスが取りやすい。

「3密」で価値剥落 都心の大規模オフィスやタワマン(日本経済新聞)
「実際にテレワークをしている方に話を聞くと、皆が異口同音に『小さくてもいいから書斎が欲しい』と言います。
(中略)
書斎のもう1つある家が欲しい、あるいはもっと広い家に住みたい。こうしたニーズは当然出てくるでしょうね。毎日会社に行く必要もなくなりますので、遠くてもいいから広い場所に住もうという選択肢も出てきます。利便性で好まれていた『都心』の価値は、相対的に低くなっていくでしょうね」
都心一極集中が緩和され、再び郊外へ。しかも週一程度の出社となれば、郊外の選択肢もかなり多様になるかもしれません。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります
  

Posted by miki at 20:41Comments(1)社会

2020年04月26日

オンライン飲み会


昨晩、オンライン飲み会を経験しました。

オンライン飲み会がブーム!宅飲み専用アプリ『たくのむ』登場(特選街WEB)
2020年4月13日現在、最大12人まで同時通話可能になっています。(本来は7人以上の通話は有料サービスとなっていますが、現在は7人以上も無料キャンペーン中)
オンライン飲み会は、自前で飲み物や食べ物を用意し、オンライン上で会話する飲み会。

好きなものを用意して好きな時間に切り上げたり、中座したりというのが楽にできます。
あと、お互い自宅でやってる場合は、なんとなくですが、家族のような一体感も出たり(?)します。

個室とか用意できない場合は、それこそ子供の声が入ってきたり、生活感も出ます。
それが悪い場合もあれば、いい場合もある気がしました。

これなら遠隔にいる相手も交えて飲み会ができるなど、通常の飲み会に勝るメリットも多いので、
アフターコロナ(自粛期間後)でも、一定の市民権を得そうな気がしました。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 16:45Comments(0)IT

2020年04月21日

テレワーク


まさかと思ったけど、突然のテレワーク指令。
勤務先で使用しているデスクトップパソコンを自宅に持ち帰り、本日昼前からテレワークとなりました。

一時的との話ですが、結構続くような気もするわで、手探りの日々が続く毎日です。
明日はWebミーティングです。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 22:51Comments(2)IT

2020年04月05日

兵庫は五国なんだから「医学部も5つ」



“感染者ゼロ”の鳥取・島根 なぜ? 全国2900人超の中(YouTube)

人口550万の巨大県なのに医学部が2つしかなく、度々新型コロナ警戒地域とみなされる兵庫。
人口少ない(県全体で55~67万。姫路市53万)のにきちんと医学部があり、無傷の鳥取、島根。

医学部って、全国から人が集まるんです。例えば島根大医学部の9割は他の都府県出身。
で、6年間そこに住んで、何割かは住みつく。

医者の卵を集めてくる機能がある。
だから、例えば兵庫のように、医学部が(人口比で)少ない県から医者の卵を取り上げてる面があります。

人口少ないのに医師の割合が、鳥取・島根は多い。

だから周囲に医療関係の人が多く、予防医学の観点からいうと、実はレベルが高い、もしくはどんどん高くなるのではないかと思うのです。

上先生も著者の中で、姫路(兵庫県西部)の医療体制が西日本なのに弱いことを名指しされていて、医学部がないことを指摘されています。

こんな話があるようです。

上 昌広@KamiMasahiro Twitterより
ビジョン会議という委員会で医学部定員五割増を打ち出しました
総定員だけでなく学部の数を増やしてほしい。その中に兵庫も含んで欲しい。
兵庫は五国」って観光のことだけ言ってないで、兵庫は五国なんだから「医学部も5つ」と言ってみたいと思います。

それでも島根、鳥取のレベルには及びませんが。

参考
医学部、医大のある地域、ない地域(372log@姫路)
医者の卵が姫路から逃げていく残念な事実(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 11:40Comments(0)医療

2020年03月29日

恐ろしいコロナウイルス。石鹸が強力な対抗手段


コロナウィルスとは何か&あなたは何をすべきか(YouTube)
コロナウイルスは脂肪の層に包まれています
石鹸はその脂肪の層をバラバラにして感染能力を奪います
また手の表面が滑りやすくなり
洗う時の物理的動作により
ウイルスがはぎとられます
ウイルスが「はぎとられる」のは石鹸のおかげ。
すごいぞ、石鹸。

参考
なぜ新型コロナウイルス対策に「石けん」が最強なのか?(Gigazine) - 世界保健機関(WHO)は、新型コロナウイルスへの感染を予防するには「とにかく石けんを用いた手洗いに尽きる」と呼びかけています。(中略)石けんには脂質を溶かしてしまう作用があるので、石けんにさらされたウイルスは「トランプで作ったピラミッド」のように簡単にバラバラになってしまいます。これに、石けんが手の表面から汚れを除去する効果も加わるので、石けんはウイルス対策にうってつけ(記事より)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 02:34Comments(0)社会