2019年08月14日

髪染め禁止?の体育大会

医学部は大学なのにサークルがない?

医大生の部活、アルバイト事情(医学部受験バイブル)
部活に入ることを強制されるわけではありませんが、実際の生徒の話を聞くと「部活に入らない人の方が珍しいと思う。」
(中略)
医師は体力が必要なので体力づくりや、勉強がハードだからこその身体を動かしてリフレッシュすることを目的としています。
また医科学生総合体育大会(東医体、西医体と呼ばれる)など、医療系の大学のみ出場する大会もあります。
医学部にはサークルがなく、部活動のみでしかも運動部が中心。
その西日本大会も派手に開催されますが、大会期間中、髪色をレインボーカラーのような奇抜な色に染め上げるという変わった風習があります。
そんな風習に、物言いがついた。

医学部のスポーツ大会「髪染め禁止」に? 大会会長が通達→意見受け方向転換(JCASTニュース)
4月13日に行われた「西日本医科学生体育連盟」(以下、連盟)の理事会で、西医体参加者の「髪色」が議題に挙がり、各大学から選出された理事が話し合った結果、「今年の西医体では医学生らしい風貌、身なりを徹底することに致しました。よって一切の髪の着色を認めないこと」と決まった。その理由は「マスコミなどに報道された際、一般人から見てあまりに派手な髪色では医学生に対してマイナスの印象を与えてしまうから」と書かれている。
着色禁止に対する反対意見も出て、結局髪色を理由に出場停止にはしないことになったみたいです。

昨日、西医体の剣道の部が大阪であり、見に行っていたのですが、派手な髪色の選手が(1~2人でしたが)いたので目を引きましたが、そういうことみたいです。
確かに(事情を知らず)マスコミ等で映像が取り上げられたとき、いろいろ感じる人がいるだろうな、とは思います。

それより、このくそ暑い時期に、大会ご苦労さんってところですね。
熱中症警報(運動は原則中止)がしょっちゅう出ている時期に、高校野球だけでなく、医学生がからんだ大会もやってるんだなと。
自ら熱中症が起きそうな現場を経験しておくってことでしょうか。

ちなみに剣道の会場(エディオンアリーナ大阪)はエアコンが効いていました。

参考
文武両道(372log@姫路)
高校野球、猛暑順延を(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(学校)の記事画像
姫路と高砂にまたがる、大的中学
文武両道
質の高い論文は、地方で静かに生まれている
島根の公立高校には寮がある
PTA役員いろいろ
新年度になりました
同じカテゴリー(学校)の記事
 姫路と高砂にまたがる、大的中学 (2019-09-21 04:09)
 100年の伝統校「姫路女学院」誕生へ (2019-08-29 22:03)
 地方の公立高校に全国から生徒が留学する理由 (2019-08-27 02:36)
 偏差値、ブランド主義を打破。世界ランキングで東大抜く (2019-08-25 13:03)
 姫路の公立校初。母校の制服を着たリカちゃん (2019-08-12 09:11)
 文武両道 (2019-07-03 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。