2018年02月17日

使用感抜群でお得。仮想通貨より LINE Pay カード

LINE Pay カード

コンビニやスーパーなど、日常生活でカード決済するシーンが増えています。
とくに(常時3%も割引くカードがある)ザ・モール姫路店などは、カード支払い比率が高い(気がする)。

現金はどこでも使えるし、サイン等が不要なため処理が速いメリットがあります。
一方、電子マネー(EdyWAONICOCA等)は一枚のカードでは使える場所が限られるし、処理は速いけどおまけ(ポイント)がないか少ない。(とはいえ、特定のクレジットカードからチャージすることにより、実質1.2%得する電子マネーもあります)

最近はクレジットカードでもサイン不要が多いので、その場合は現金よりも速いぐらい。
ポイントは0.5%~。条件によっては2%ぐらいつく場合もあるようです。

最近まで気づかなかったのですが、(一部を除いて)どこで何を買っても確実に2%のポイントがつくカードがありました。

JCBマークのついた「LINE Pay カード」です。
クレジットカードのJCBが使えるお店であれば、何を買っても2%のポイントが付きます。

銀行口座からチャージする必要はありますが、使い勝手はクレジットカードと同じです。(オートチャージ設定も可)
しかも、借金はしないため、

1) 審査なし
2) 18才未満も使用可

というメリットも。

入会金、年会費不要ですが、LINEユーザーが前提。
また、10万円を超える金額に対しては損害保険が効かないケースがあるようなので、チャージは上限10万円を目安にしたほうがいいでしょう。

とはいえ、必要に応じてスマホ操作でチャージできる(本人確認後の上限100万円/回)ので困らない。
先日も、10万円を超える冷蔵庫をLINE Pay カードで支払いました。

クレジットカードで支払うことができるのに、LINE Pay カードで支払えないものは、

1) ガソリンスタンドでのガソリン代
2) 自動引落(電気代等)

などとされています。
ヨドバシドットコム等の)ネットや(はるやまヤマダ電機等の)実店舗で使用しましたが、上記以外で使えなかったことは、今のところありません。
キャンセルによる払い戻し(赤伝)にも対応できました。
(「LINE Pay Team」からメッセージがスマホに飛んできて、LINE Pay残高が増加します。)

ポイント2%もさることながら、スマホ(とくにメールではなくLINE)と連動したLINE Pay カード決済は、お金の動きが瞬時にわかり、ある種の快感を感じます。
ポイント2%というのは、それを宣伝したいがための広告費なんでしょう。

現金に代わる電子決済は、仮想通貨ではなく、今のところ(円建ての)LINE Pay カード。

参考
LINE Payカードが最強にお得すぎるワケ(ASCII.jp) - 「クレジットカードが苦手」という人。「ポイント好き」な人。全方位の方に進められるカード、「LINE Pay カード」(記事より)
JCBプリペイド(JCB) - LINE Pay カードは、各社JCBプリペイドのうちの1枚。
ネットでも家電量販店でもなく、モール姫路で家電?(372log@姫路) → 撤退でゆめタウン姫路に代わっちゃいますが、ゆめカードよりLINE Payカードがお得なケースもありそうです。
審査の無いVISAカード(372log@姫路)
ビットコインで1週間生活してみた 手数料には仰天(NIKKEI STYLE)
高校生はLINE Pay カードを持ちなさい(古文’s room ~自由な時間と場所で学べる~)(2018.2.22 追記) - カード事情にうとい人だとあまりピンとこないかもしれないんですが、ポイント還元率の相場は、おおよそ0.5〜1.0%なんです。その中で2%の還元率というのは、本当に驚くべき高還元率なんです。(ブログ記事より)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(IT)の記事画像
スマホ普及率8割。IT化が進むPTA
マイネオ躍進の理由
世界4位の通信設備メーカー ZTE
音声通話かけ放題
懐かしのケータイショップ
お父さんはネットなしでよく勉強してこれたね
同じカテゴリー(IT)の記事
 スマホ普及率8割。IT化が進むPTA (2018-06-27 00:00)
 マイネオ躍進の理由 (2018-06-21 21:26)
 世界4位の通信設備メーカー ZTE (2018-05-08 00:00)
 音声通話かけ放題 (2018-04-22 20:26)
 懐かしのケータイショップ (2018-03-26 00:00)
 お父さんはネットなしでよく勉強してこれたね (2018-03-22 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。