2017年08月28日

53万→36万人に。40年後の姫路

JR姫路駅

茹でガエルは、変化に気づかず死んでしまいます。
人は急激な変化には気づくけど、ゆっくりとした変化には気づかない。気づいたときには手遅れになるんです。

姫路の未来は? 創生カフェで若者106人が議論(神戸新聞NEXT)
市の担当者が「姫路は大阪や東京への転出が多く、人口は約40年後、現在の53万人が36万人に減ると試算されている」と説明。人口減少などの課題を踏まえ、議論が始まった。
姫路にずっといると、ゆっくりとした変化には気づきません。
姫路をしばらく離れた人に教えていただくことも必要でしょう。

参考
高校を卒業して姫路を離れる皆さん(372log@姫路) - 姫路を離れて見えることがあります。
秋祭りのない未来の姫路(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(政治)の記事画像
神戸市営地下鉄海岸線は「政策の失敗」
考えるだけなら
役所の文書決裁を電子決裁に変える方法
兵庫県はエストニアになれるのか
石見市長が退任表明。おつかれさまの16年
目には目を。東京圏から地方移住、起業300万円・就職で100万円
同じカテゴリー(政治)の記事
 街の健康診断 (2018-10-09 00:00)
 神戸市営地下鉄海岸線は「政策の失敗」 (2018-10-06 03:06)
 考えるだけなら (2018-09-26 00:00)
 役所の文書決裁を電子決裁に変える方法 (2018-09-25 00:00)
 兵庫県はエストニアになれるのか (2018-09-24 00:00)
 市長選立候補者正式表明、続々 (2018-09-05 20:36)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。