2017年07月25日

播磨に2つ目の中核市

明石駅前

姫路以外に、播磨にもう一つ中核市ができます。

中核市指定求め明石市が国に申出書 来春にも移行(神戸新聞NEXT)
2018年4月にも移行する見通しで、兵庫県内では姫路、西宮尼崎に続き4市目
播磨は通常の県に相当する規模があるので、2つや3つ中核市があってもおかしくありません。
逆に、隣県の鳥取県京都府には1つも中核市はありません。(京都市政令市

なお要件を満たしている加古川市は今のところ中核市移行の予定はないようです。

参考
加古川市中核市移行に関する調査検討報告書について(加古川市)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(政治)の記事画像
神戸市営地下鉄海岸線は「政策の失敗」
考えるだけなら
役所の文書決裁を電子決裁に変える方法
兵庫県はエストニアになれるのか
石見市長が退任表明。おつかれさまの16年
目には目を。東京圏から地方移住、起業300万円・就職で100万円
同じカテゴリー(政治)の記事
 街の健康診断 (2018-10-09 00:00)
 神戸市営地下鉄海岸線は「政策の失敗」 (2018-10-06 03:06)
 考えるだけなら (2018-09-26 00:00)
 役所の文書決裁を電子決裁に変える方法 (2018-09-25 00:00)
 兵庫県はエストニアになれるのか (2018-09-24 00:00)
 市長選立候補者正式表明、続々 (2018-09-05 20:36)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。