2016年10月09日

播磨と摂津の国境。経営が苦しい神戸電鉄粟生線

神戸電鉄粟生線

播磨を走る神戸電鉄粟生線が存続のピンチ。
年間10億円の赤字が大きな負担になっています。

神戸電鉄粟生線、存続に黄信号 - 年間10億円の赤字(マイナビニュース)
鈴蘭台駅付近に急勾配を持ち、沿線は丘陵地帯のため山岳路線ともいわれている。電力を使うし、車両の走行性能も高い。つまり運行コストは高めだった。
播磨と摂津の国境は険しい地形。
そのため、ここを通過する交通網はいずれも高コストになりがち。
JR神戸線山陽電鉄は海岸沿いぎりぎりを走り、山陽新幹線神戸市営地下鉄西神延伸線にはトンネルがあります。

JR神戸線須磨駅-塩屋駅

粟生線が万一廃線ということになれば、地域に与える影響は甚大。鉄道のあるなしはイメージの上でも大きな差があります。

参考
播磨とは(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(交通)の記事画像
住みたい街にする方法
姫ちゃりステーション増殖中
公共交通機関無料化
路線に合わせ、街づくり。求められる「時計の針の逆回し」
100円/日、1500円/月。日常使いもできる「姫ちゃり」本格稼働
東京から距離を置く
同じカテゴリー(交通)の記事
 住みたい街にする方法 (2017-03-20 11:27)
 姫ちゃりステーション増殖中 (2017-02-11 15:34)
 公共交通機関無料化 (2016-12-28 20:41)
 路線に合わせ、街づくり。求められる「時計の針の逆回し」 (2016-08-31 20:45)
 100円/日、1500円/月。日常使いもできる「姫ちゃり」本格稼働 (2016-07-03 00:01)
 東京から距離を置く (2016-04-12 01:25)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。