2012年02月07日

姫路城内濠めぐり、期間限定で復活



4年前の菓子博の時に運航された「姫路城内濠めぐり」が、3月に期間限定で復活します。

姫路城内堀船巡り復活(YOMIURI ONLINE)
和船に乗り、いつもと違った角度から文化財を観察してもらおうと企画。内堀南側の桜門橋を起点に、東西の往復約1・4キロを25分かけて巡る。観光ボランティアがガイド役を務め、「平成の大修理」が行われている大天守や石垣を眺めながら歴史を解説する。
今月末までの応募で468人限定です。
いつもとは違って、見る位置が低いので、新たな発見があることでしょう。

参考
姫路城内濠めぐり。菓子博期間限定と言わないで!(372log@姫路)


同じカテゴリー(観光)の記事
 松江と姫路 (2019-11-17 12:04)
 姫路・堺・宇治 の世界遺産めぐり (2019-10-03 02:36)
 鎌倉にかなわない横浜 (2019-09-25 00:00)
 16万件のいいね。注目のツイート (2019-07-19 01:35)
 医療の国際会議も? 姫路がコンベンションビューロー支援都市に (2019-07-18 00:00)
 なぜか HIDA TAKAYAMA にイスラエル人が押し寄せる (2019-07-14 15:20)

この記事へのコメント
松江でも柳川でも乗りましたが、いいものです。4年前姫路でも乗りました。468人限定とのことですが、姫路市のものは人数限定で事前申し込みのものが多すぎるて選考された時どうしてだめだったのか不透明である。市民公募も同じこと。乗りたい時に乗させろ。内濠めぐりは風情である。剣客商売のような風情を楽しみたいものだ。
Posted by 大谷 充 at 2012年02月07日 09:50
大谷 充さん

コメントありがとうございます。
Posted by miki at 2012年02月07日 18:04
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。