2009年06月02日

おかきとせんべい・飲み物も無料のカフェ。播磨屋ステーション

播磨屋本店(豊岡市)

子どもの頃食べたおかきで一番印象に残っているのは、「はりま焼」。最近は無いみたいですが、割れているからという理由で「徳用」という袋に入ってスーパーに売っていました。マスヤのおにぎりせんべいよりも、もう少し本格的な味でした。

そんな、お得な「はりま焼」が、昨年から東京、福岡、京都の播磨屋ステーションでタダで配られているのです。

【近ごろ都に流行るもの】世界初!? 無料おかきカフェ(MSN産経ニュース)
コーヒーとおかきの香りの中、114席がほぼ満席。主婦やOL風、ネクタイ姿のサラリーマンなど幅広い客層だ。吉野直美店長(35)は、「初めての方は『本当に無料でいいんですか?』という驚きと、多少の警戒を持って入られますね」とニッコリ。兵庫県の米菓製造「播磨屋本店」の播磨屋助次郎こと阿野拓夫社長(60)が「10~30代の比較的若い人たちに、日本の伝統食品であるおかき・せんべいの魅力をPRするとともに、地球環境問題について解決策を提言したい」と開設した。
おかき・せんべいだけでなく、飲み物までタダ。

播磨屋本店は、姫路の近所にある朝来市生野というところで生まれた、おかき屋です。姫路にもお店があって、姫路ではみんな知ってるんじゃないでしょうか。おかき屋なのですが、経営理念は壮大です。
『我々は、世界人類の恒久的平和と真の幸福実現を心から熱望し、その先達たるべき聖使命を帯ぶ日本民族の、人間性並びに文化性の更なる向上発展に貢献せんという、高邁にして無窮なる理想の追求を、久遠至上の経営目的とする。』
環境問題に関する論文は私には全く理解できません。何せ突然、天皇ですから・・。

でも、おかきは美味しいです。

参考
無料でおかき食べ放題&飲み放題のカフェ「free cafe 播磨屋」に行ってきました(GIGAZINE)
日本一のおかき・はりま焼(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(食べ物)の記事画像
酒は百薬の長ではない
姫路から「神戸ビーフ」を対米輸出
今年も「姫路城ラベル」のスーパードライ
バランスが大事
和歌山県民が日本一肉を食べる理由
2日間で10万人。ニッポン全国鍋グランプリ
同じカテゴリー(食べ物)の記事
 令和でもやってるのか。ぬかるみ焼き (2019-08-11 08:50)
 姫路でスイーツ甲子園、西日本大会開催 (2019-08-03 01:35)
 酒は百薬の長ではない (2019-06-29 00:37)
 まねきのえきそば (2019-06-28 23:45)
 姫路から「神戸ビーフ」を対米輸出 (2019-05-27 18:48)
 今年も「姫路城ラベル」のスーパードライ (2019-04-11 00:00)

この記事へのコメント
京都へ行きました。

ドリンクは飲み放題ですが、
おかきはお皿にてんこもり盛っても大丈夫ですが、
おかきのみ1回限りでおかわりダメでした。

カフェ感覚で座って、
読書したり書き物したりする光景でした。
Posted by てつぅ at 2009年06月06日 01:48
てつぅさん

コメントありがとうございます。
近所にあったら行きそう・・
Posted by miki at 2009年06月06日 08:37
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。