2019年05月14日

うめ星電車

和歌山電鐵

水戸岡デザインの「うめ星電車」、見ました。

うめ星電車 出発進行 木材多用し和風 和歌山電鉄 /和歌山(毎日新聞)
2両編成で、南海時代から引き継いだ1970年製の2270系車両を約4000万円をかけて改装。内装はスギ材の組子による窓枠や梅をイメージした柄のマツ材の天井、障子に似せた和紙のカーテンなどを設置し、細部まで和風にこだわった。
電車って、こんなにも楽しくなるんだね。

平日にも関わらず、若い娘を中心にしたカメラマンがそこかしこに・・
こんなローカル鉄道、あるんだ。

たま電車

参考
うめ星電車披露 よんたま駅長も「祝・令和」 和歌山(産経ニュース)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(鉄道)の記事画像
忍たまとおでかけ山陽電車
私鉄全国伸び率、1位阪神、2位東京メトロ
姫路発奈良行き直通列車で、車庫巡りの旅
姫路-大阪間が乗り降り自由
「一番後ろの車両の扉は開きません」を卒業する日
阪神なんば線開業10年。沿線効果絶大
同じカテゴリー(鉄道)の記事
 忍たまとおでかけ山陽電車 (2019-06-27 21:08)
 私鉄全国伸び率、1位阪神、2位東京メトロ (2019-06-24 20:28)
 姫路発奈良行き直通列車で、車庫巡りの旅 (2019-04-16 00:00)
 姫路-大阪間が乗り降り自由 (2019-04-05 00:00)
 「一番後ろの車両の扉は開きません」を卒業する日 (2019-03-27 00:00)
 阪神なんば線開業10年。沿線効果絶大 (2019-03-21 14:03)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。