2019年04月09日

びっくり!



キャッシュレスに力を入れる政府ですが、紙幣も刷新するのですね。ちょっとびっくり。

紙幣 20年ぶりに刷新へ 一万円札に渋沢栄一ら(産経ニュース)
一万円札が「資本主義の父」と呼ばれた実業家の渋沢栄一、五千円札は津田塾大創始者の津田梅子、千円札は「近代日本医学の父」といわれる医学博士の北里柴三郎の起用を検討している。
このタイミングで発表って、消費税増税による消費の落ち込みをカバーするってことなのでしょうか?

キャッシュレスに目を向かせようとしているのか、そうじゃないのか。ネタは豊富な方がいいということなのか?

北里柴三郎は、現在一万円札の肖像画になっている福沢諭吉とも親交が深かったようで、北里大学の学祖とともに(現在の)慶應義塾大医学部創立者でもあります。

参考
メーカー各社、新紙幣でATM特需に期待=不安はキャッシュレス化(時事ドットコム)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(社会)の記事画像
「人口」を増やす方法
その地方の中心都市ではない
建て替え
創造的縮小
商業地価上昇、姫路の駅前は25%UP
解体の始まりか? 兵庫県から「ヒョーゴスラビア連邦」へ
同じカテゴリー(社会)の記事
 「人口」を増やす方法 (2019-06-17 00:00)
 過ちては改むるに憚ること勿れ (2019-05-28 00:24)
 その地方の中心都市ではない (2019-05-23 02:28)
 建て替え (2019-05-21 07:37)
 創造的縮小 (2019-04-21 00:00)
 商業地価上昇、姫路の駅前は25%UP (2019-03-20 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。