2019年02月17日

選挙の力

ロイヤルクラッシック姫路姫路市市之郷

姫路市長候補者の応援に来られてた高市早苗元総務大臣と平井伸治鳥取県知事。
さすが選挙の信任を得て仕事されてるだけあって、トークが抜群です。

比べると姫路市長候補はどちらも、見劣りします。選挙未経験の新人なのでしかたありませんが。

参考
「蟹はいるけど金がない」「京都大学は世界は見ても地元は見ない」(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(政治)の記事画像
姫路市内で「自称・姫路市長」の目撃が相次ぐ
選んだ市長が座り込みで抗議したら
「有識者」には見えていない世界がある
れいわ旋風、収まらず
兵庫県知事になろう2021
原子力技術の維持は必要
同じカテゴリー(政治)の記事
 姫路市内で「自称・姫路市長」の目撃が相次ぐ (2019-10-24 20:56)
 選んだ市長が座り込みで抗議したら (2019-10-10 02:15)
 「有識者」には見えていない世界がある (2019-09-28 12:11)
 宝塚市職員募集に応募が殺到する理由 (2019-08-26 00:46)
 れいわ旋風、収まらず (2019-07-29 23:34)
 兵庫県知事になろう2021 (2019-07-28 23:15)

この記事へのコメント
何だかんだで国会議員はやっぱりトーク力ありますよね~
Posted by ねるぽ at 2019年02月17日 04:59
二人の市長候補のうち元副市長の方は副市長の頃に自転車で市内各地を回っていました 「地域の課題とか吸い上げてまいりました」などと言ってますが実は事前の選挙運動で顔を売る目的以外ありませんでした
地域の有力者には受けがいいのかな?
でも政策能力は無くただ単に市長というポストが欲しいだけ 副市長時代には何ら実績を残していない人でした
Posted by 姫路市民 at 2019年02月27日 14:46
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。