2018年11月12日

姫路市長選。「政策立案能力」か「握手の数」か



3人目の候補者がないまま半年を切り、姫路市長選は2候補の争いが濃厚になってきました。

姫路市長選まで半年 24年ぶり新人対決、早くも熱気(神戸新聞NEXT)
2019年4月29日に任期満了を迎える兵庫県姫路市長選まで半年を切った。
(中略)
24年ぶりの新人対決は早くも熱を帯びてきた。
2候補の違いは「姫路駅前一極集中から全市域発展への転換」 VS 「現政策の継続 + 医療」でしょうか。
ただ、政策だけで当選が決まるわけではありません。

“AI市長候補”が市長選に出馬して分かったこと 「握手ができないAIは選挙活動が苦手」(ねとらぼ)
AIは政策立案能力や分析・判断能力に優れています。ところが政治家の仕事を優秀にこなせたとしても、政治の世界で有名な「握手の数しか票は増えない」「握手3人で1票」ができないのですよね。
(中略)
聖徳太子は一度に10人の話を理解したといいますが、AIであれば一度に1000万人や1億人の話を聞くことが可能です。
多摩市のAI市長候補は市長に選ばれませんでした。
しかし今後「政策で候補者を選ばざるを得なくなるような仕掛け」が開発されれば、AI市長が当選する世になるかもしれません。

あらためて生身の人間が思考する「ピュア市長」の価値が問われる時代に突入します。

参考
「政治にAI導入を」 小泉氏が提唱 (日本経済新聞)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(政治)の記事画像
旅券事務所がイーグレに移転
神戸市営地下鉄海岸線は「政策の失敗」
考えるだけなら
役所の文書決裁を電子決裁に変える方法
兵庫県はエストニアになれるのか
石見市長が退任表明。おつかれさまの16年
同じカテゴリー(政治)の記事
 旅券事務所がイーグレに移転 (2018-11-22 00:00)
 街の健康診断 (2018-10-09 00:00)
 神戸市営地下鉄海岸線は「政策の失敗」 (2018-10-06 03:06)
 考えるだけなら (2018-09-26 00:00)
 役所の文書決裁を電子決裁に変える方法 (2018-09-25 00:00)
 兵庫県はエストニアになれるのか (2018-09-24 00:00)

この記事へのコメント
盛り上げたらええやん
無関心やろ市民なんて市長に
三人目はこのブログからですかね?www
Posted by ねるぽ at 2018年11月12日 15:47
>無関心やろ市民なんて市長に

それだけ幸せなんでしょうね。
基本的には・・
Posted by mikimiki at 2018年11月13日 01:08
某候補者が立候補する前におっしゃってました。

姫路の人は、要するに困っていない
頑張る必要がないんだと。

だから、「なんでそんなことせなあかんの」という目でみる

豊かな播磨の伝統ですね。
Posted by mikimiki at 2018年11月13日 01:11
どちらにしても姫路は中途半端
駅前開発も郊外も都市間競争に負けている
このままでは衰退するのみ
Posted by つぼみ at 2018年11月13日 07:26
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。