2018年03月10日

今月末、姫路駅に韓国語の案内が流れる

メガホンヤク(Panasonic)

パナソニックが製品化している多言語音声翻訳サービス「メガホンヤク」を利用して、JR姫路駅の案内放送が多言語化されます。

訪日外国人への駅ご案内を充実させます! JR西日本が国内初「メガホンヤク」を導入(BCN RETAIL)
JR西日本は3月9日、訪日外国人の利用が多い駅に、パナソニック製のメガホン型多言語音声翻訳サービス「メガホンヤク」のソフトウェアをタブレット端末「TOUGHPAD」に搭載して駅構内の放送設備に接続した「多言語音声翻訳放送システム」の導入を発表した。このシステムによって、駅のコンコースやホームであらかじめ登録した英語や中国語、韓国語の案内を放送できるようになる。
対象駅は、京都駅西九条駅ユニバーサルシティ駅天王寺駅、姫路駅で、3月30日に利用を開始。
英語・中国語・韓国語の3カ国語に対応するようです。
(順次流れる)駅のアナウンスだと、せいぜい3カ国語程度が限界ということでしょうか。
であれば、姫路駅のニーズは、英語・中国語・フランス語あたりになるんですが・・

P.S.
今夜の「世界ふしぎ発見!」(毎日放送系列)では、姫路駅でおなじみ・まねき食品の駅弁が台湾で売られている話題が取り上げられます。

参考
姫路にも急増。バカンス好きのフランス人は瀬戸内を目指す(372log@姫路) - お隣台湾が1位なのは理解できますが、はるか彼方で人口6~7000万人のフランスが2位って、すごい。(ブログより)
ロンドンの空港で見た日本語(372log@姫路) - たった1枚の標識で、その国に親近感を持ったり、好きになったりすることもあるのではないでしょうか。(ブログより)
日本の懐かしい車両も活躍! 台湾の鉄道旅の魅力を豊かな駅弁文化とともに紹介 「世界ふしぎ発見!」(music.jpニュース) - 台北駅には昨年秋、日本の駅弁も参入。創業明治21年の姫路のまねき食品が売り出した幕の内弁当は、おかずが仕切られているのが珍しいと人気なのだとか。(記事より)
好調、台湾出店・まねきの幕の内弁当(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(鉄道)の記事画像
ピンクの新幹線で姫路へ行こう
兵庫の鉄道史。起源は学問をすすめたあの先生
スーパーはくと新型導入。2024年めど
黄色と緑色。窓が大きくなる書写山ロープウェイ
姫新線に春が来る? 「えんむす列車」運行
関空・ミナミ中心で動く、大阪の交通網
同じカテゴリー(鉄道)の記事
 播磨に新幹線の駅が3つもある理由 (2018-05-18 00:37)
 ピンクの新幹線で姫路へ行こう (2018-05-07 00:00)
 兵庫の鉄道史。起源は学問をすすめたあの先生 (2018-04-30 00:00)
 スーパーはくと新型導入。2024年めど (2018-03-01 21:02)
 黄色と緑色。窓が大きくなる書写山ロープウェイ (2018-02-24 00:00)
 姫新線に春が来る? 「えんむす列車」運行 (2018-02-12 00:00)

この記事へのコメント
ニダニダうるさくなるんか
この前奈良線にのったら日本語英語中国語韓国語の順でアナウンスありましたわ
Posted by ねるぽ at 2018年03月10日 05:55
(日本に限らず)バスは多言語化遅れてます。
駅ターミナルや書写線などは必要でしょうね。(英語はしてるのかな?)
Posted by mikimiki at 2018年03月10日 06:19
あと、(言うまでもないですが)当ブログも多言語化できてません。(残念)
Posted by mikimiki at 2018年03月10日 06:22
姫路にもネトウヨ多いんか。
Posted by しんや at 2018年03月12日 06:18
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。