2018年02月24日

黄色と緑色。窓が大きくなる書写山ロープウェイ



書写山のロープウェイが新型に変わります。

書写山ロープウェイの客車更新へ 25日から運休(神戸新聞NEXT)
周辺の自然と調和するよう車体カラーを緑や黄色を基調にし、より眺望を楽しめるよう窓面積を約2割広げる。
(中略)
インバウンド(訪日外国人客)対策として、英語の車内アナウンスも流せるようにする。
窓が大きくなりガラスが重くなるので定員が減るみたい。
紅葉の季節に行くからか、満員のイメージがあるので、待ち時間が増えないかと心配します。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(鉄道)の記事画像
ピンクの新幹線で姫路へ行こう
兵庫の鉄道史。起源は学問をすすめたあの先生
今月末、姫路駅に韓国語の案内が流れる
スーパーはくと新型導入。2024年めど
姫新線に春が来る? 「えんむす列車」運行
関空・ミナミ中心で動く、大阪の交通網
同じカテゴリー(鉄道)の記事
 播磨に新幹線の駅が3つもある理由 (2018-05-18 00:37)
 ピンクの新幹線で姫路へ行こう (2018-05-07 00:00)
 兵庫の鉄道史。起源は学問をすすめたあの先生 (2018-04-30 00:00)
 今月末、姫路駅に韓国語の案内が流れる (2018-03-10 05:25)
 スーパーはくと新型導入。2024年めど (2018-03-01 21:02)
 姫新線に春が来る? 「えんむす列車」運行 (2018-02-12 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。