2017年07月29日

核のごみ処分地

姫路駅前

県内最適地は南西部。

核のごみ処分地 兵庫県内「最適地」戸惑いと反発(神戸新聞NEXT)
原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)を巡り、地下深くに埋める最終処分の候補地となり得る地域として28日に示された「科学的特性マップ」には、兵庫県内も南西部を中心に多くの市町が含まれた。
無害化までには数万年。原発を使う以上、誰も目を背けることはできません。

核のごみ最終処分場「適地」900自治体に 陸地の3割(日本経済新聞)
核のごみは原発から出る使用済み核燃料などの放射性廃棄物。無害化までには数万年はかかり、地下300メートルに廃棄する。処分場の建設などの事業費は3.7兆円。
適地MAPは、災害が少なく人が住むのに安全なところがごみ処分地としても適しているとされています。切ないよ。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(社会)の記事画像
広畑の医療はツカザキが守る
ハイブリッド明石
5つのキャラを持つ、世にも不思議な兵庫県
「さしすせそ」で聞き上手
医療・健康環境の安全性 世界一の大阪 
姫路は「静的な街」。未来の姫路には自己表現と、情報発信が必要
同じカテゴリー(社会)の記事
 広畑の医療はツカザキが守る (2018-01-14 00:00)
 ハイブリッド明石 (2018-01-08 17:07)
 5つのキャラを持つ、世にも不思議な兵庫県 (2018-01-04 00:27)
 1年間でアクセスされたTOP10 (2017-12-20 00:00)
 「さしすせそ」で聞き上手 (2017-11-28 00:00)
 医療・健康環境の安全性 世界一の大阪  (2017-10-17 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。