2017年06月15日

県知事選2017



兵庫県知事の選挙戦が始まりました。

兵庫県知事選 27年ぶり、4人の戦いへ(神戸新聞NEXT)
4人以上の争いは過去18回の知事選で3回しかなく、27年ぶり。17日間の選挙戦では、井戸県政4期16年の評価や、加速する人口減少への対策、多選の是非などが争点となる。兵庫県では「18歳選挙権」適用後初の知事選で、若者の投票行動も注目される。投開票日は7月2日。
18歳選挙権適用で、我が家にも新たに選挙権者が増えました。

人口全国7位(550万人)のリーダー選びって、すごいことです。全国47位(57万人)の鳥取県知事に比べると10倍の権限。

兵庫県は人口減少がひどくて、年間14000人も減っています。
ここまで人口が減っている都道府県は、北海道新潟青森ぐらい。
兵庫より総人口が少ない福岡沖縄滋賀では、人口が増加しています。(参考

山間部を多く抱えてやむを得ない面もありますが、播磨科学公園都市など県内各地の開発事業って、結局どうだったんだろうとか。

この機会に、選挙日まで大いに悩みたいと思います。

参考
賑わう 7月の県知事選(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(政治)の記事画像
水道代を安くする方法
日本分断
県知事選に4人目の候補
賑わう 7月の県知事選
工場の改善実験で意外な結果
神戸の人口減少問題を記事にする産経
同じカテゴリー(政治)の記事
 水道代を安くする方法 (2017-06-25 00:00)
 日本分断 (2017-06-20 21:03)
 県知事選に4人目の候補 (2017-04-29 17:30)
 賑わう 7月の県知事選 (2017-04-14 00:51)
 工場の改善実験で意外な結果 (2017-03-14 00:00)
 神戸の人口減少問題を記事にする産経 (2017-02-06 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。