2014年10月12日

解体した小田急、放置していた姫路

手柄山交流ステーション姫路市西延末

世界で姫路にしかないものがあります。

「幻のモノレール」模型で復活 小田急電鉄が販売(朝日新聞デジタル)
車両から運転席が突き出したSF的なデザインに加え、世界でも兵庫県姫路市(1974年に運転終了)と2カ所にしかない米ロッキード製だったため「幻のモノレール」と呼ばれた。
ロッキード社のモノレールは、世界でも小田急向ヶ丘遊園モノレール線姫路市営モノレールでしか走っていませんでした。

小田急は営業運転終了後車両を解体しましたが、姫路市は解体せず放置していました。
そのため、世界でロッキード社製モノレール車両が現存するのは姫路だけということになります。

小田急のモノレール模型で物足りなくなったら、姫路の手柄山交流ステーションへ。
おまけに今なら、モノレール橋脚も部分的にですが見ることができます。

参考
富岡だけではない。ドキューン!姫路の産業遺産(372log@姫路)
今しか見られない、姫路モノレール跡(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(鉄道)の記事画像
忍たまとおでかけ山陽電車
私鉄全国伸び率、1位阪神、2位東京メトロ
うめ星電車
姫路発奈良行き直通列車で、車庫巡りの旅
姫路-大阪間が乗り降り自由
「一番後ろの車両の扉は開きません」を卒業する日
同じカテゴリー(鉄道)の記事
 忍たまとおでかけ山陽電車 (2019-06-27 21:08)
 私鉄全国伸び率、1位阪神、2位東京メトロ (2019-06-24 20:28)
 うめ星電車 (2019-05-14 23:38)
 姫路発奈良行き直通列車で、車庫巡りの旅 (2019-04-16 00:00)
 姫路-大阪間が乗り降り自由 (2019-04-05 00:00)
 「一番後ろの車両の扉は開きません」を卒業する日 (2019-03-27 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。