2013年09月13日

姫路レンコン

姫路のれんこん(兵庫県)

姫路・大津の「姫路レンコン」が収穫真っ最中です。

猛暑の恵みたっぷり 姫路でレンコン収穫始まる(神戸新聞NEXT)
レンコンの収穫作業が姫路市内の栽培地で始まっている。今年は台風の影響もなく、ハスの葉がしっかりと生い茂り、順調に生育しているという。
たつの市御津町でもレンコンが栽培されているのですね。

姫路レンコン(レンコン総合情報サイト)
大津区勘兵衛は、江戸時代に干拓された所で、横田富太郎氏が明治後期に中国より種ハスを取り寄せて以来90数年の歴史があります。新田で泥湿という悪条件を、逆に利用したレンコンを栽培されたそうです。
姫路レンコンは、かつて大津レンコンと言っていて90年の歴史があるといいます。

レンコンの天ぷら、美味しいですね。

日本食は米国人にも好評。日本食を思う存分食べるために来日する人もいるようです。

【米国ブログ】日本食を楽しみに来日「想像以上の味に感動」(サーチナ)
来日の目的は、日本食を思う存分食べることだった。来日を心待ちにし、あらかじめ食べたい日本食をリストアップしていたという。
(中略)
「好みの天ぷらを選んで、ご飯の上に乗せ、ソースをかけて食べる。魚介類やナス、蓮根(れんこん)などを食べた」と説明。
(中略)
外国人観光客の訪日した際の楽しみとしては、「日本食」、「街歩き」、「買い物」が人気上位に挙がる。ラーメンや牛丼、カレーライスのチェーン店は米国にも増えてきているが、日本で食べてみたいと思い、訪日する人も少なくないようだ。
あなごやかまぼこ、たけのこ、お酒など、全国的に有名な産品だけでなく、幅に関しても日本食食材の宝庫ですね。

参考
姫路れんこんの販売(原田農園)
レンコン掘り:泥の中で たつの・御津小児童体験 /兵庫(毎日jp)
日本人で良かった ~そうめん~(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(食べ物)の記事画像
姫路から「神戸ビーフ」を対米輸出
今年も「姫路城ラベル」のスーパードライ
バランスが大事
和歌山県民が日本一肉を食べる理由
2日間で10万人。ニッポン全国鍋グランプリ
ヤマダストアー推奨「ご家庭で巻寿司を巻いて家族で楽しむ」
同じカテゴリー(食べ物)の記事
 姫路から「神戸ビーフ」を対米輸出 (2019-05-27 18:48)
 今年も「姫路城ラベル」のスーパードライ (2019-04-11 00:00)
 バランスが大事 (2019-03-12 20:18)
 和歌山県民が日本一肉を食べる理由 (2019-03-03 20:04)
 2日間で10万人。ニッポン全国鍋グランプリ (2019-01-29 01:47)
 ヤマダストアー推奨「ご家庭で巻寿司を巻いて家族で楽しむ」 (2019-01-28 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。