2012年05月16日

人口が多い校区、高齢者が少ない校区

町別人口・年齢別人口(姫路市)

姫路市のホームページには、小学校区別の人口一覧や年齢別人口一覧が掲載されています。

ここにある「校区別年齢(5歳階級)別人口」からエクセル形式のファイルをダウンロードして、ソートしたり、65歳以上人口の比率を計算してみました。

姫路市の小学校区は69あるのですが、
そのうち、人口が多いのは、

八幡 18,138
荒川 16,087
飾磨 15,995
白浜 15,748
英賀保 15,093
津田 13,102
高浜 13,064
大津 12,881
高岡 12,802
安室東 12,667

昔、平らな田んぼだったところがミニ開発されて随分家が建ちましたが、校区は大して増えず昔のままの校区のため、人口が多いのでしょうね。

高齢化率が高いのは

家島 31.5
谷内 31.2
安富北 30.3
太市 30.3
八木 29.6
東 29.5
前之庄 28.4
林田 28.1
船津 27.8
船場 27.4

郊外と離島ばかりですが、姫路市発祥の地・船場校区も高齢化しています。

逆に、高齢化率が低いのは

高浜 14.9
糸引 15.5
広畑第二 15.6
津田 16.1
城陽 17.4
大津茂 17.7
青山 18.2
別所 18.3
安室東 18.6
坊勢 18.6

家島とうって変わって坊勢がベスト10入りしています。
奇跡の島、坊勢。ですね。

参考
死んだ魚は食べません。漁業都市姫路(372log@姫路) - 全国的に高齢化が進み後継者不足のイメージが強い漁業ですが、坊勢は日本一平均年齢が低い漁業の町。瀬戸内海で唯一、人口が増えている島です。(ブログより)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(社会)の記事画像
医療・健康環境の安全性 世界一の大阪 
姫路は「静的な街」。未来の姫路には自己表現と、情報発信が必要
姫路で最も地価が上がった場所
大阪から西播磨への移住
優秀建築に太子町庁舎。こどもの館に続く快挙
資格を生活保障ラインにすると、世の中の進歩が止まる
同じカテゴリー(社会)の記事
 医療・健康環境の安全性 世界一の大阪  (2017-10-17 00:00)
 姫路は「静的な街」。未来の姫路には自己表現と、情報発信が必要 (2017-10-02 20:31)
 姫路で最も地価が上がった場所 (2017-09-20 19:53)
 大阪から西播磨への移住 (2017-08-05 00:00)
 優秀建築に太子町庁舎。こどもの館に続く快挙 (2017-08-04 00:00)
 資格を生活保障ラインにすると、世の中の進歩が止まる (2017-07-30 13:04)

この記事へのコメント
漠然とした物がはっきりとわかりました。ありがとうございます。
Posted by 大谷 充 at 2012年05月16日 09:13
10年間の増減率見たらいかに中心と田舎が空洞化してるかわかるよなw
Posted by か at 2012年05月16日 18:10
大谷 充さん

コメントありがとうございます。
Posted by miki at 2012年05月16日 20:17
かさん

コメントありがとうございます。

例えば大阪だとドーナツ化現象とか話題にもなりやすいですが、地方にも地方なりの「ミニ大阪」みたいな現象が存在していますね。
Posted by miki at 2012年05月16日 20:19
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。