2018年09月25日

役所の文書決裁を電子決裁に変える方法



いまだに文書決裁にこだわる役所。でも、電子決裁に転換する方法がありました。

ハンコよさらば! 茨城県庁の決裁、ほぼ100%電子化(朝日新聞デジタル)
ハンコよ、さらば――。茨城県は、これまで紙文書で占められていた県庁の決裁事務について、電子決裁率がほぼ100%に達した、と発表した。
(中略)
電子決裁のシステムは以前からあったが実施率が低かったのは、「公務員特有の文書主義が原因」(担当者)という。
しかし、IT企業出身の大井川和彦知事が昨年9月に就任し、4月から電子決裁による作業効率化を高めるよう指示。その結果、7月分の電子決裁率は99・1%を達成した。
県民が選挙で知事を選べば、1年以内に電子決裁が100%になります。
要は選挙に行けばいいのです。

参考
日本創生にお呼びでない兵庫県(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(政治)の記事画像
神戸市営地下鉄海岸線は「政策の失敗」
考えるだけなら
兵庫県はエストニアになれるのか
石見市長が退任表明。おつかれさまの16年
目には目を。東京圏から地方移住、起業300万円・就職で100万円
姫路市長になろう2019
同じカテゴリー(政治)の記事
 街の健康診断 (2018-10-09 00:00)
 神戸市営地下鉄海岸線は「政策の失敗」 (2018-10-06 03:06)
 考えるだけなら (2018-09-26 00:00)
 兵庫県はエストニアになれるのか (2018-09-24 00:00)
 市長選立候補者正式表明、続々 (2018-09-05 20:36)
 石見市長が退任表明。おつかれさまの16年 (2018-09-03 22:42)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。