2010年04月10日

姫路城天守の登閣は明日まで。明後日以降も登りたい人は

白鳥城

世界遺産・姫路城大天守の登閣は明日まで。明後日から、入城はできますが大天守への登閣はできなくなります。

姫路城大天守保存修理期間中の観光について(姫路市)
■必見!巨大な素屋根建設の姿はまさに壮観!
素屋根の建設スケジュールは次のとおりです。
平成22年GWの頃=石垣の一部が隠れる(5月下旬には石垣すべてが隠れる)
6月下旬=大天守の半分程度が覆われる
9月下旬=大天守のほとんどが覆われる
この期間(平成22年4月12日~平成23年1月末頃)だけ、大天守のみ入城いただけません。
大天主には登閣できなくなるものの、GWは石垣の一部が隠れるだけなので、美しい大天主がいきなり隠れてしまうわけではありません。

6月下旬には大天守の半分が隠れるようですが、これはこれでこの期間しか見られない貴重な眺めのような気がします。旅行会社で姫路ツアーの案内の中にもこれを売りにするものがあります。

<熊本発着>砂の美術館と姫路・倉敷 2日間(阪急交通社)
○姫路(大改修の作業で徐々に姿がかくれていく姫路城
2年前のブログで、姫路城のチラリズムについて書きましたが、現在の素っ裸の姫路城よりも魅力的かもしれません。

さて、でもどうしても高いところに登りたいという、登閣マニアのかたのために、姫路ではもう一つ大きなお城をつくってお待ちしています。実は、姫路城より高い巨大なお城です。

白鳥城のサイトより
●「白鳥城®」の大きさはどれくらいなの?
面積を書いてもおわかり頂きにくいので日本のお城と比較してみました。
世界遺産の「姫路城」の天守閣より実は大きいのです。
お城の近くまでモノレールが運んでくれます。近くには同一チケットで入れる太陽公園があり、万里の長城で健脚を試すこともできます。ちなみに私は、いまだにこの万里の長城を制覇できていません。元気が余っている人向けです。

参考
姫路城への入城者4000万人。続くか?「新」姫路城(372log@姫路)
巨大なお城が姫路に現る(372log@姫路)
日本最古の寺院が姫路にあった?(372log@姫路) - 太陽公園は、実は大変歴史のある地。日本人なら一度は行くべき?
太陽公園すげぇ!(かりんのひとりごと)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(観光)の記事画像
手柄山オータムフェスティバル
人気の中播磨1泊ツアー
観光客回復へ
世界遺産登録25周年。11月にナイトイベント
旅好きが選んだのは、3年経っても姫路城
ヨーロッパの美しい村コンウィ
同じカテゴリー(観光)の記事
 手柄山オータムフェスティバル (2018-10-18 20:13)
 人気の中播磨1泊ツアー (2018-10-11 02:12)
 観光客回復へ (2018-10-04 22:51)
 世界遺産登録25周年。11月にナイトイベント (2018-09-27 22:00)
 B-1グランプリが8年ぶりに播磨に帰ってくる (2018-09-01 00:00)
 旅好きが選んだのは、3年経っても姫路城 (2018-08-22 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。