2005年03月08日

経済産業省がLinuxデスクトップを導入

(イメージ)

Linuxでいいやんで書いたように、WindowsもLinuxもごく普通の事務用パソコンとして見た場合、大差ありません。
経済産業省でも数台LinuxPCを導入したみたいで、2005年度中に数十台に拡大するそうです。
WindowsXP(ホームエディション)は、搭載モデルを買えば、実質1万円Up程度。LinuxモデルだとOSは無料かというと、商用ディストリビュータ(OSの面倒を見てくれる会社)が同じぐらいとるので、コストメリットは大して無い気がします。
にも関わらず経済産業省などの公的機関がLinuxモデルを導入するのは、オープンソース(ブラックボックスが無い)に意義があるみたいです。

メールやインターネット閲覧をしたり、ワープロや表計算を普通に使うだけならWindowsでもLinuxでも大差ないと思います。
あるとすれば、マイクロソフトのブラウザ(IE)でしか見ることができないサイトがあることぐらいでしょう。

ネットバンキングなどでそういうサイトを作っている会社も、経済産業省に数十台Linuxが入っていくとなると、さすがに様子が変わってくるかもしれませんね。

P.S.
私ならWindowsマシンを選びます。Windowsに好きなフリーソフトやシェアウェアがあるので。
最近そういう人はどんどん少数派になりつつあると思いますが(笑)

← クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(IT)の記事
 オンライン飲み会 (2020-04-26 16:45)
 テレワーク (2020-04-21 22:51)
 ポケットWifi (2020-02-15 12:06)
 アイホンの消費税程度? スマホが最寄品になってきた (2019-12-22 00:00)
 長男がスマホの通信カードを「マイネオ」に替えた理由 (2019-09-22 00:00)
 ADSLから光回線へ (2019-09-16 20:48)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。