2018年04月20日

姫路がトップの謎

JR姫路駅

姫路が急上昇! 「買って住みたい街」1位、「借りて住みたい街」5位(372log@姫路)の件、分析が紙面を賑わせています。

2018年住みたい街ランキング 姫路が近畿1位に(神戸新聞NEXT)
姫路が人気の理由を「観光客の増加で経済や雇用が活気づいて居住需要が高まり、新築物件が増えた。新幹線や(JRの)新快速が止まり、アクセスも良い」とみる。
姫路駅周辺は近年、マンション建設が相次ぐ。再開発で商業施設やホテルが整備され、商業地の地価上昇も続く。
姫路が商業地だけでなく住宅地でも注目を集めています。

ただ、この調査は駅単位なので、姫路(市)というより姫路駅周辺が評価されているということ。
かつてランキングが低かったのに高くなったのは、姫路市内で郊外から姫路駅周辺へ回帰が進み、住宅地として再評価されているのでしょう。

住宅地として姫路駅周辺をみると、ボンマルシェ(姫路店大手前店)に加えてマックスバリュテラッソ姫路店も開店。
今月、家電量販店のエディオン姫路駅前店も開店しました。
クルマで郊外生活するのが一般的な地方都市でも、生活基盤が整えば(再び)駅前に住む選択肢もある。少なくとも姫路はそうなってきたということです。

阪神間などの鉄道社会で生活する人にとっても、姫路(駅)が住宅地として選択肢に入ってくれば、結果として姫路への流入につながる可能性もあります。

P.S.
JR姫路-神戸間、新快速で最短36分です。

参考
コンパクトシティ再挑戦 。姫路市が立地適正化計画(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 06:59Comments(0)社会

2018年04月18日

訪日中国人が関西シフト。姫路人気も影響

姫路城姫路市本町

訪日中国人が東京から関西へシフトしている模様。

関ジャニ効果にも期待、中国人の訪日旅行の重心が関西に―華字紙(レコードチャイナ)
2018年4月17日、日本の華字紙・中文導報はこのほど、「中国人の訪日旅行の重心が関西地方に移ってきている」とする記事を掲載した。
(中略)
背景として「関西国際空港を発着する格安航空会社(LCC)の増便」「関西グルメの人気」「姫路市が世界遺産の姫路城をイルミネーションで飾り城内部を開放するイベントを行ったり、訪日客数で大阪や京都に大きく水をあけられている神戸が夜景を巡るツアーや博物館の夜間営業、バスの夜間運行を行ったりするなど、個性的な旅行体験を次々に打ち出していること」などを挙げた。
姫路も関西シフトに貢献していると中国国内で報道されています。
少しは姫路も有名になったでしょうか。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 00:38Comments(0)観光

2018年04月16日

全国ベスト10。思わず出かけたくなる、赤穂の観光ウェブサイト

赤穂観光協会

赤穂の観光ウェブサイトが、全国ベスト10に選ばれました。

全国観光サイトでベスト10 赤穂観光協会のHP(神戸新聞NEXT)
赤穂観光協会(兵庫県赤穂市加里屋)のホームページ(HP)が、全国1700以上の観光ウェブサイトの中からベスト10に選ばれた。
(中略)
「ベスト100サイト」(ベスト10を除く)には佐用町観光協会が選ばれた。
瀬戸内の魅力を凝縮した赤穂が、よく表現されています。

参考
子育て世代が住みたい田舎、近畿トップは赤穂(372log@姫路)
ええやん♪赤穂ええやん♪(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 21:37Comments(0)観光

2018年04月15日

快走か暴走か。福崎のまちおこし「子どもが泣くほど気持ち悪いものを」

辻川山公園播磨福崎町

福崎が観光地として快走しています。

河童飛び出す濁り池 街に妖怪続々、SNSで話題に(朝日新聞デジタル)
ちまたにあふれる「ゆるキャラ」をよそに、リアルで怖い妖怪で町中が盛り上がる兵庫県福崎町。池の中から飛び出して人々を驚かせる河童(かっぱ)はSNSなどで拡散され、観光の目玉になっている。
各地で横並びのゆるキャラに一石を投じた福崎町。
世界遺産はなくても観光スポットは創れる。町職員の執念。

最近は街中にまで妖怪が進出しているようですが、過ぎたるは及ばざるが如し。暴走には要注意(笑)

参考
兵庫県福崎町のまちおこしが破天荒すぎて話題(アエラドット)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 00:00Comments(0)観光

2018年04月14日

姫路市文化コンベンションセンター(仮称)

(仮称)姫路市文化コンベンションセンター予想図

JR姫路駅近く(北東)に今秋着工されます。

(仮称)姫路市文化コンベンションセンターについて(姫路市)

2000人収容の大ホール、700席の中ホール、180席の小ホールの他、4000平方メートルの展示場は屋外展示場との一体利用も可能。

現在の文化センター姫路市西延末)より駅近で便利ですが、母校・山陽中学校からは少し遠くなります。
完成は3年後。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 12:20Comments(0)文化

2018年04月12日

明石だけ、人口が増える理由

病院施設も充実!(笑顔のタネあかし)より

コンパクトで充実しているから魅力ある明石。というと、そういう言い方は確かにできます。

「洗濯物よく乾く」明石PR…関西で降水量最少(YOMIURI ONLINE)
市シティセールス課が今年1月に作成した冊子「明石で家族になる」には、神戸や大阪への通勤のしやすさや、中学卒業までの医療費無料などの目玉施策に加え、市内の穏やかな気候もアピールしている。
ただ・・、天気でも何でも、魅力を見つけてPRするのは微笑ましいのですが、データの出し方がどうなんでしょうか。
同じ瀬戸内海式気候で、近所の姫路とそれほど差があるとも思えない。山間部の降水量が入っていないだけなのでは?

明石が神戸や姫路と違うのは、市域です。
明石が海岸線の平野部がほとんどなのに対し、神戸や姫路は海岸線の平野部もあるけど、北部の山岳部も市域に含まれています。

神戸市は人口が減っていますが、北区など山岳部の減少が多く、海岸沿いの中央区は人口増加。
姫路市も北部のほうが南部よりも人口はより減っている。

明石は南部の海岸沿い市域の割合が多いので、平均すると人口が増加になります。

病院施設も充実!(笑顔のタネあかし)には、病院施設が充実している根拠として、面積あたりの病院の数を姫路や神戸と比較しています。

ただ、市の総面積で比べているとしたら、少し眉つばです。

姫路市
総面積 534.47k㎡
可住地面積 227.62k㎡ - 総面積の 43%

神戸市
総面積 557.02k㎡
可住地面積 331.58k㎡ - 総面積の 60%

明石市
総面積 49.42k㎡
可住地面積 47.37k㎡ → 総面積の 96%

可住地面積というのは、人が住める面積のこと。
明石は、市域のほとんどどこでも住むことが可能。

病院の数は、自分が住んでる地域の近所にあるかないかが最も意味ある数字。
人の住めない土地に病院は不要なので、(不可住地を含めた)総面積あたりの病院数を比較しても、実態と離れるのでは。
(そのへんを補正すると)神戸と明石は同じくらい。
姫路は確かに少ないですが、表ほどの差はない気がします。

過去には神戸に合併されそうになっても抵抗し、平成合併でも、どことも合併しなかった明石。
結果としてコンパクトシティ明石となり、人口が増えている。

統計上の遊びの部類なのか、それとも少子高齢化凝縮社会を予見していた先進都市なのか。

そんなことは横においても、明石の玉子焼きは美味い。

参考
続く神戸市の人口減少。自然減が顕著(372log@姫路) - 神戸市の人口が減っているといっても、中央区はかなり増えています。(ブログより)
神戸の人口減少問題を記事にする産経(372log@姫路) - 行政区分で区切ると、××市が増えて××市が減るなんてことになりますが、基本的には郊外から都心への集住現象。(ブログより)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 21:58Comments(0)社会

2018年04月10日

コンパクトシティ再挑戦 。姫路市が立地適正化計画

立地適正化計画(姫路市)より

人口が減る姫路市。
都市機能を維持するため、特定地域を設定し誘導していく「立地適正化計画」が作成されました。

[中心拠点]
姫路駅周辺

[副次拠点]
山陽網干駅周辺
山陽飾磨駅周辺
JR野里駅周辺

[地域生活拠点]
JR網干駅周辺
山陽広畑駅周辺
山陽白浜の宮駅周辺
JR御着駅周辺
JR余部駅周辺
JR香呂駅周辺
山陽大塩駅周辺
JR英賀保駅周辺
JRはりま勝原駅周辺
JRひめじ別所駅周辺

[生活拠点]
JR溝口駅周辺
林田出張所周辺

コンパクトシティ誘導政策は、青森など失敗事例と言われるケースもあります。

コンパクトシティ再挑戦(NIKKEI STYLE)
兵庫県姫路市が2011年、JR姫路駅北口から姫路城までの大手前通りの一部で、車道を片側3車線から1車線に減らし、歩道を大幅に拡張する工事に着手。15年4月からは車道の通行をバスとタクシーに限定し、一般車両の通行を終日禁止にした。すでに姫路駅の高架化を済ませ、姫路城のある駅北側と市役所のある駅南側の行き来しやすくなった効果もあり、15年の大手前通りの1日通行量は約7万9千人と11年の約5万8千人から3割以上増えた。
いくら立派な通りでも、生身の人間が歩いてなければ魅力が薄い。

鉄道駅が拠点に設定され、徒歩や自転車が目立つようになると、街の風景が豊かになる気がします。

参考
姫路駅前、日本初巨大トランジットモール(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります  

Posted by miki at 23:16Comments(0)政治