2009年05月03日

永谷園「姫路名物喃風どろ焼の素」が生まれた理由

永谷園のサイト

世の中を支配するのは、権力者に限られたことではなく、ごく普通の人なのだと勝間和代さんはいいます。

第1回 チェンジメーカー(勝間和代の『誰でも出来る』日本支配計画)
じつは世の中のいろいろなことは、意外と少数の人たちの意志で動いているのです。しかも、その少数の人とは、権力者に限らず、あなたのような普通の人だったりします。
これは私も20数年前、社会人になったときに感じたことで、別に特別な人だけが世の中を動かしているわけではない。
永谷園のサイトを見ると、こんなことが書いてありました。

姫路名物喃風(なんぷう)どろ焼の素(永谷園)
開発者よりメッセージ
「喃風」で食べた「どろ焼」の美味しさに感動し、このメニューを家庭で簡単に作ることができないかと試行錯誤して、やっと完成しました。
開発者というのが、一担当者なのか、担当部長なのか、開発を担当する社長なのかはわかりません。でも、一開発担当者だったとしても、「あっこれおいしいな」「何とかしたいな」と思うと、商品として世の中に登場することもありえるのですね。

姫路の人だったら喃風のどろ焼を食べて「あっこれおいしいな」と感じることは、だいぶ前からかなり身近なことだったと思います。
私は地域のことは疎いのですが、インターネットの普及とともにちょっとググるだけでも、ネタに困ることがないほど姫路はネタに溢れています。姫路に住んでるそこのあなたが、言葉は悪いですが日本を「支配」することだって、ありがちなことなんだと思います。
食品のように一般から見て判りやすい分野以外の業界では、すでにあることでしょうが。

上述の勝間和代さんの本が売れているそうです。数日前、かなり久しぶりに本屋に行き、1~2冊立ち読みしました。

要するに、どんな物事に対しても解決策を自分なりに考え、それを地道に実行すれば実現する可能性があるんだということを提示しているんですね。現代は、とくに若者に閉塞感があり、そこを打破しようという感覚が幅広く受け入れられているんだと思います。

参考
日本一の人気。姫路の温泉(372log@姫路)
上野樹里もお薦め。姫路名物「どろ焼き」の上品な味(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(食べ物)の記事画像
姫路から「神戸ビーフ」を対米輸出
今年も「姫路城ラベル」のスーパードライ
バランスが大事
和歌山県民が日本一肉を食べる理由
2日間で10万人。ニッポン全国鍋グランプリ
ヤマダストアー推奨「ご家庭で巻寿司を巻いて家族で楽しむ」
同じカテゴリー(食べ物)の記事
 姫路から「神戸ビーフ」を対米輸出 (2019-05-27 18:48)
 今年も「姫路城ラベル」のスーパードライ (2019-04-11 00:00)
 バランスが大事 (2019-03-12 20:18)
 和歌山県民が日本一肉を食べる理由 (2019-03-03 20:04)
 2日間で10万人。ニッポン全国鍋グランプリ (2019-01-29 01:47)
 ヤマダストアー推奨「ご家庭で巻寿司を巻いて家族で楽しむ」 (2019-01-28 00:00)

この記事へのコメント
どろ焼き。
初めて知りました。。。

今度また姫路に行くことがあれば是非食べたいですね!!


応援ポチ!!
Posted by ユーアイネットショップ店長ウチマル at 2009年05月03日 15:11
ユーアイネットショップ店長ウチマルさん

コメントありがとうございます。
Posted by miki at 2009年05月03日 16:21
mikiさん、こんばんは。

どろ焼き食べたよ♪
会社で、昼休みにホットプレートで作りました!
1時間で、6人分焼きまくって片づけまでできました。

簡単に作れるし、手軽なのがうれしいの。
ちゃんとすじ肉とこんにゃくはいってるし、おだしも美味しかった♪

実は、最近まで姫路どろ焼きって知らなかったんです。
今、すごく人気でてるんですよね。
こんど南風で食べてみますね♪
Posted by ぽんた at 2009年05月09日 23:13
ぽんたさん

コメントありがとうございます。

元添乗員が見た姫路のブログは、いつも興味深く拝見しています。
我が家も永谷園のどろ焼の素は買ってあって、食卓に登場するのを待っている状態です。
Posted by miki at 2009年05月10日 05:49
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。