2009年02月26日

輸出入過去最高の姫路港、堅調の造船関連

姫路港ポートセールス推進協議会

昨年8月のブログでも書きましたが、姫路港の輸出入が過去最高になりました。毎日jpが記事にしています。

貿易概況:姫路港の輸出入、過去最高額に--08年 /兵庫(毎日jp)
08年の姫路港(姫路市)の輸出額は前年比12・4%増の2601億円、輸出入総額は33・8%増の7654億4600万円となり、いずれも1959年の開港以来最高額を記録した
(中略)
輸入では、主力の液化天然ガスが3568億4900万円と51・6%増えたことで、全体の輸入額も5053億4600万円と48・4%増加した。
エネルギーの9割、食糧の6割を海外に依存しているのですが、島国日本の場合、そのほとんどが港から入ってきます。姫路港は全国に23しかない特定重要港湾のうちの1つです。

一方、造船関連のメーカーも堅調のようです。

6割が予想下方修正 県内上場企業09年3月期決算(神戸新聞)
二年先の受注残があるとされる造船の関連メーカーは総じて好調を維持する。
(中略)
船舶電機の西芝電機(姫路市)は利益が前期を下回るが、当初予想比の利益は上向くという。
2年先の受注残とは、羨ましい話。企業として半導体などに事業集中した東芝とは好対照ですね。

参考
造船受注量 12月90.2%減 厳しい環境 歴史的低水準(FujiSankei Business i.) - かつてない厳しい受注環境に見舞われながらも、日本の造船会社は、今のところ平静だ。なぜなら向こう3~4年の受注残を抱えており、慌てて受注確保に走り回る必要がないからだ。業界では1.5~2年の受注残が健全経営の指標とされているという。(記事より)
東芝(Wikipdia) - 1950年(昭和25年)- 過度経済力集中排除法の適用を受け、網干工場が西芝電機として分離独立(記事より)
東芝が過去最大の赤字(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(交通)の記事画像
人に厳しい歩道橋
インフラを造るより、インフラを活かす力が地域力を決める
姫路が急上昇! 「買って住みたい街」1位、「借りて住みたい街」5位
10万トン超の大型豪華客船が、姫路初入港へ
明日の姫路港を創ろう。兵庫県がアイデアを募集
姫ちゃりステーションがさらに増えるらしい
同じカテゴリー(交通)の記事
 人に厳しい歩道橋 (2018-07-16 14:08)
 インフラを造るより、インフラを活かす力が地域力を決める (2018-06-14 00:45)
 姫路が急上昇! 「買って住みたい街」1位、「借りて住みたい街」5位 (2018-02-09 00:23)
 10万トン超の大型豪華客船が、姫路初入港へ (2017-12-19 00:00)
 明日の姫路港を創ろう。兵庫県がアイデアを募集 (2017-09-28 00:00)
 姫ちゃりステーションがさらに増えるらしい (2017-07-28 21:52)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。