2019年09月14日

今と同じような車社会は続いているのか



明石市長は、播磨臨海地域道路にかなり否定的なようです。

播磨臨海道4ルート案 明石市長 泉房穂氏に聞く(神戸新聞NEXT)
開通までに数十年かかるとみられる上に、コストは安くても6千億円。
一方、明石市が整備を目指す「山手環状線」は20億円台の整備費で、数年後の完成が見込める。国道2号の渋滞が緩和でき、安全性も高まる。優先度では、播磨臨海地域道路より早い整備を求めたい。
(中略)
完成時の社会状況も考え、膨大な維持管理費など政策の合理性も検証すべきだ。渋滞緩和などのメリットは一定理解するが、今と同じような車社会が続いているかどうかも分からない。
明石市は播磨の中では、最もクルマに厳しい地域。
播磨では、南東部に行けば行くほどクルマに厳しい。
鉄道が発達しているので、鉄道社会(鉄道による移動を中心とした社会)が形成されています。

クルマの流れを良くするために新たな道路を造れば、ますますクルマを利用する人が増える。
逆に道路が混雑して不便になれば、人はできるだけ道路を避ける代替交通手段を考えます。そして、マイカー利用から代替の公共交通に移る人が増えると、(一度にたくさん運べるため)輸送効率が上がる。
つまり、幹線道路を不便にしたほうが、効率的な社会になる可能性すらある。

播磨は長年、新たな道路を造ってはクルマに優しい状況をつくり、利用者が減ったからと言って、公共交通を切り捨ててきました。
いい加減目を覚ませと言いたい。

播磨で混雑を減らすのは簡単で、自動車専用道路を有料にすればいい。
新たな道路を造るなど、その後、考え始めてもいいぐらいです。

驚くことに、最低でも5900億円かかる播磨臨海地域道路は、一部有料になる可能性があるといいます。それなら、既存道路の渋滞緩和にすら役に立ちません。
通行料金にもよりますが、山陽道ができてめっきり通行量が減った中国道みたいなのがもう1本できる可能性も捨てきれません。

さらに明石市長が言うように、時間をかけて巨額の投資をして播磨臨海道路ができた頃、はたしてクルマに頼り切ったいまのような状況が続いているのか、きわめて疑問です。

参考
5900億円~9500億円。巨額道路建設はどこまでも(神戸新聞NEXT)
道路を造るよどこまでも(372log@姫路) - 播磨にはクルマ好きがたくさんいます。でも、有料道路が嫌いな人もたくさん。(ブログより)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(クルマ)の記事画像
ステップワゴンからN-BOXに乗り換える、日本市場の現実
きっかけは姫路。世界初自動運転タクシーの営業走行
給油所激減。過疎地に四駆電動軽トラを
高速道路で姫路に来る、とっておきの方法
無料にしてもいい高速道路
クラッシックカーが姫路に集結。コッパディ姫路2017
同じカテゴリー(クルマ)の記事
 ステップワゴンからN-BOXに乗り換える、日本市場の現実 (2018-10-23 00:00)
 姫路で「脱・クルマ依存」しませんか (2018-10-08 00:00)
 きっかけは姫路。世界初自動運転タクシーの営業走行 (2018-08-29 21:35)
 給油所激減。過疎地に四駆電動軽トラを (2018-06-30 08:50)
 高速道路で姫路に来る、とっておきの方法 (2018-06-29 00:00)
 無料にしてもいい高速道路 (2018-05-22 00:00)

この記事へのコメント
ほんまに歩道とか歩いててバカでかい鉄の塊動に一人乗ってるの見るとアホかと思うわ
Posted by ねるぽ at 2019年09月15日 09:25
>>自動車専用道路を有料にすればいい
とのことですが、第二神明の値上げは賛成でしたか。この道路は現在、普通車全区間で320円→480円に上がりましたが、数年後同条件で900円(大都市近郊区間と同水準)になる様です。

大阪に居るので、この水準(特に再値上げ後)なら乗りたくないですね。岡山方面に行くなら布施畑・三木経由山陽道か、永井谷-明石西は諦めて一般道ですね。淡路島へ行くなら布施畑経由ですね。
Posted by ポンタ at 2019年09月17日 16:37
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。