2019年08月26日

宝塚市職員募集に応募が殺到する理由

殺到しています。

宝塚市の「就職氷河期世代」採用募集 全国から応募殺到(神戸新聞NEXT)
兵庫県宝塚市が、バブル経済崩壊後の1990年代半ば以降の就職難に遭った「就職氷河期世代」に限って採用する正規職員の採用試験で、出願の受け付けを始めた19日から23日までの5日間に、応募者が200人を超えた
(中略)
「予想通り。ほかの自治体にも動きが広がってほしい」
就職氷河期世代の限定採用が応募殺到の理由です。
政府は「就職氷河期世代支援プログラム」を進めていて、民間企業でも動きがあります。

就職氷河期世代に向けた中途採用活動の実施について
(山九株式会社)
「就職氷河期世代」で、当社に就職を希望する方。採用人数は正社員として毎年 100 名、3 年間で合計 300 名の採用枠を設けます。
宝塚に全国から応募があったように、安定雇用は人を呼ぶ。人口流出に悩む自治体も参考にしてはどうでしょうかね。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(政治)の記事画像
れいわ旋風、収まらず
兵庫県知事になろう2021
原子力技術の維持は必要
国も民間もできないから、姫路市でやる
室温25度より大事なこと
姫路の事例を全国に展開!?
同じカテゴリー(政治)の記事
 れいわ旋風、収まらず (2019-07-29 23:34)
 兵庫県知事になろう2021 (2019-07-28 23:15)
 絶望的な投票率も、衆院選に期待 (2019-07-22 23:57)
 原子力技術の維持は必要 (2019-07-11 21:54)
 国も民間もできないから、姫路市でやる (2019-07-09 19:36)
 室温25度より大事なこと (2019-07-02 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。