2019年06月23日

何手も先を読める逸材を姫路に発見



棋士は何手も先を読むことができる。

将棋名人の小学生が姫路市長を表敬訪問 将来はプロ棋士に(神戸新聞NEXT)
4月に東京で行われた「第44回さなる杯小学生将棋名人戦決勝大会」で優勝し、小学生名人になった英賀保小5年の炭崎俊毅君(11)=兵庫県姫路市=がこのほど、同市の清元秀泰市長を表敬訪問した。炭崎君は「前向きに考えながら対局に臨んだ。8月にある大会でも優勝し、2冠を目指したい」と目を輝かせた。
全国レベルで先を読めるのであれば、姫路市の行く末を10年先、20年先まで読んで、市長にアドバイスしてあげてください。

参考
藤井聡太、羽生善治候補。第44代小学生名人(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(子ども)の記事画像
藤井聡太、羽生善治候補。第44代小学生名人
自分の子どもが勉強しない理由
ティーチングからコーチングへ。「昭和のチップ」を書き換えよう
ドイツで「小さな奇跡」。深刻な出生率低下から一転、ベビーブーム
「秀才で東京に行った兄」「ロクに勉強せず地元に残った弟」
子育て世代が住みたい田舎、近畿トップは赤穂
同じカテゴリー(子ども)の記事
 PTA全国大会。姫路でも (2019-08-22 08:51)
 渋谷のスクランブル交差点で、人がぶつからない理由 (2019-07-08 00:00)
 藤井聡太、羽生善治候補。第44代小学生名人 (2019-06-08 08:52)
 自分の子どもが勉強しない理由 (2018-10-26 00:34)
 少子化対策と産科医師問題 (2018-10-22 00:00)
 ティーチングからコーチングへ。「昭和のチップ」を書き換えよう (2018-09-23 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。