2019年05月28日

過ちては改むるに憚ること勿れ



内閣総理大臣として原発を推進してきた小泉純一郎氏。
議員引退後、東日本大震災を目の当たりにして改めて学ぶことで、自らの過ちを改める道をとりました。

論語のこの言葉を思い出したからです。
「過ちては改むるに憚ること勿れ」
(あやまちてはあらたむるにはばかることなかれ)

孔子は、過ちを犯したことに気づいたら、体裁や対面などにとらわれず、ただちに改めるべきだといっています。

7月に姫路で講演会があります。
2月の松江での講演会の様子を見る限り、まだまだお元気のようです。

参考
小泉純一郎元首相「憲法を衆院選の争点にすべきでない」 自民・二階幹事長らと会食(産経ニュース)
小泉節炸裂。やはりしゃべりがうまい(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(社会)の記事画像
地方へ向かう、地価上昇の波
金銭的な負担なく地方に行ってお手伝い「おてつたび」
神戸市の人口減少から学ぶこと
姫路ゆかたまつりのゴミ問題をエンターテイメントに!
「人口」を増やす方法
その地方の中心都市ではない
同じカテゴリー(社会)の記事
 地方へ向かう、地価上昇の波 (2019-09-19 20:01)
 地域課題は「豊かなこと」 (2019-09-05 22:47)
 反対する理由が大事 (2019-08-10 03:46)
 究極のユニバーサルマナー「ハイチューいる?」 (2019-07-27 04:19)
 面白い仕事とは何か (2019-07-21 18:05)
 金銭的な負担なく地方に行ってお手伝い「おてつたび」 (2019-07-13 17:38)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。